光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

【第18回 ブラジル料理教室 / Aula de Comida Brasileira】

日時:12月1日(土)13:30〜16:30
場所 :ライフコミュニティー ライフコミュニティー 西馬込
    1F 調理室
参加費 :子供¥1,500(小中学生*小学生 未満 無料 )
     大人 ¥2, 500
*ご賛同いただける方は、当日 寄付 のご協力 をお願いいたします。
持ち物:エプロン、三角巾
講師 :平塚えれなさん
えれなさんブログ
http://saudade-brazil.cocolog-nifty.com/blog/
<メニュー / Cardapio>
・ブラジル風ローストポーク
・ポン・デ・ケージョ(もちもちチーズパン)
・ポレッタ(とうもろこしを使った料理)
・パヴェ(ブラジル風ティラミス)

楽しくおしゃべりをしながら、美味しいブラジル料理を作りましょう♪

お問い合わせ:
光の子どもたちの会(担当:谷村祥子)
canoa.japao@gmail.com
チラシ ブラジル料理教室20181201

日本語とポルトガル語。
読み書き、会話と、
娘たちはできますが、
日本とブラジルの往復をしていると、
必ず出会う、

英語のみ

の環境。

経由先の空港、
飛行機の中。

日本語やポルトガル語を話せる人がいても、
自分達の席の担当とは限らず、
食事以外の場面で、
何かお願いするときには、
やはり、
英語は欠かせない。

既にバイリンガルの娘たちに、
英語を積極的に教えたことはないけれど、
それでもやはり、
贅沢をいえば、
英語も使えるようになってほしい。

長女曰く、
会話は何となくできるらしい。
そこをもう少しちゃんとできるようになりたい…
と、
中2になり、
感じているそう。

次女は、
楽しく英語と関わりたいと、
ブラジルで出会った、
英会話の授業をいたく気に入り、
日本の家が近くだったこともあり、
ただいまレッスンに通っています。

国際色豊かな娘たち。
毎日色々な顔を見せてくれ、
楽しみが増すばかり!
さて、
今度はどんな顔を見せてくれるかな?

8月24日(金)
無事に日本に到着しました。
ブラジルへ向かった時、
私と次女だけのフライトの最中、
次女はそこで初めて姉の不在を実感したのか、
涙を流し、
ブラジル国内線に乗った際に嘔吐してしまいいました。
そして今回。
横に姉がいなくても、
日本で会えることが分かっているということもあってか、
いつものように気分よく旅ができました。
そして姉妹二人。
久しぶりの再会。
本当にうれしそうな二人の顔を見て、
やはり、
いつもけんかをしていても嬉しいんだと、
見ながら私も自然と笑顔になっていました。

私は次女の成長をあまり感じることがないのですが、
二人の娘が並んでいる姿を見ていると、
次女が成長している姿を感じることができます。
その目線が同じくらいになっていることに気づいた長女は、

「えっ、やだ」

と。。。(笑)

10歳と14歳。
小学校高学年と中学生では、
日々の過ごし方も、
考え方も大きく異なります。
そのため、
二人で一緒ということもほとんどなくなりました。
でも、
やはり姉妹。
寄り添うこと。
二人にしか分からないこともあるのではないかと思います。

これから成長していく日々の中で、
二人の関係も変化していくでしょう。
それを見ている私自身、
親として、
とても楽しみです。

まずは二人一緒の姿をしばらくぶりにいられたことに感謝して。

私たちは今、
JICA草の根技術協力事業を実施しているのですが、
先日、
その最終評価として、
JICAブラジルによる、
現地視察が行われました。

イベントだけではなく、
実際の授業を観ていただいたり、
参加してくれた人たちにインタビューをしたりしたのですが、
ある学校に行った時のこと。
トレーニングに参加した先生がこんなことを言いました。

「私は教師として、
いつもやかましい、
うるさい、
そう生徒たちに言われ続けてきました。
授業以外で私と話そうとする生徒はまずいませんでした。
それが、
ライフスキル授業のトレーニングを受け、
実施していく中で、
生徒たちをよく観察し、
耳を傾けることを覚えたのです。
すると不思議なことに、
授業終了後、
生徒たちから
『先生、聞いてもらいたい話があるんだけど』
と、
話しかけてもらえるようになりました。
生徒からの信頼を勝ち取ることができたのです。」

私たちはライフスキル授業を通じて、
主に中学生に対して、
アイデンティティの確立、
あらゆる疑問に答えていく専門家との繋がりなど、
生徒たちの変化に注目してきました。
しかし実際は、
生徒だけではなく、
トレーニングを受けた教師にも変化が現れたのです。

学校とは勉強するところ。
授業を受けるだけのところ。
それが今では、
学校は私の居場所。
信頼する大人がいる場所へと変わっていったのです。

こうした2次的効果を知ることができたことは、
私にとってとても嬉しく、
もっと広く、
多くの学校、教師の皆さんに知ってもらいたい。
そんな思いを強くしたのでした。
20180616_090607_1529459470020

皆様、

例年以上に暑さに悩まされたこの夏、
少しずつ過ごしやすくなってきていますでしょうか?

さて、日本への一時帰国が決定しました。
8月24日に日本に到着し、
来年半ばまで滞在する予定です。
(久しぶりに長い日本滞在です!!)

8月に入り、
JICAブラジルによる現地視察、
慶応義塾大学医学部による活動サポートと、
あわただしい日々を過ごしています。

10月には「よこはま国際フェスタ2018」、
11月にブラジル料理教室、
総会や報告会など、
そのほかイベントも企画しております。

皆様とお会いできることを
心より楽しみにしております。

光の子どもたちの会
代表 鈴木真由美
http://criancasdeluz.org

私には2人の娘がいます。
長女は現在中学2年生。
義務教育の間は、
日本とブラジル、
両方の国で生活しながら、
学校にも通い、
どちらの国でも生きていけるよう、
将来的に選択することができるだけの基礎を作ることが、
私たち親の役目。
私たちの育児の根本には、

「2つの国で生きる」

ということがあります。
良いところも、
悪いところも、
体験、経験する。
異なる2つの国で暮らすことで、
同じ年齢の子ども達よりも大変なこと、
不安なことは多いかもしれない。
やりきれないこと、
イライラすることもあるかもしれない。
それでも、
いつか、
大人になった時、
この異なる2つの国で生きてきたことが、
心の宝のようになってくれたら。

「それがあるからこそ、
今の自分がある。」

と、
言ってもらえるようになってくれたら。

親としてはたくさんの願いがあり、
期待もあるかもしれない。
それが重いと感じたり、
面倒だと感じることもあると思う。
現に今、
長女はこの2つの国のはざまでもがき苦しみ、
今回のブラジル滞在では、
今まで生きてきた中でも一番泣いたのではないかというほど、
涙をたくさん流していた。

2つの国で生きるということが、
マイナスではなく、
プラスとなってくれるよう、
今はただただ、
これからを見守っていくしかない。

たくさん話し、
聞き、
納得できなくても、
それを受け入れ、
前に進んでいく。

子どもの年齢が増すほど、
悩みは増え、
不安だらけになっているような気がする。
それでも、

「人」

として、
勉強以外の部分で学んでほしいこと、
身に付けてほしいこと、
それをきちんと持っている子ども達に育ってくれたこと、
感謝、感謝です。

さて、
もうすぐ日本に戻ります。
新たな局面の中で、
どうなることやら。

昨日、
2ヶ月半ぶりに長女と会った。
テクノロジーは素晴らしく、
日本とブラジル、
離れていても必要なときには連絡できたし、
多い時には3時間近くも話したりして、
近況報告、
体調や学校の様子まで、
知ることができました。
そして初めてのブラジルへの一人旅。
日本の家族にお世話になりながら、
何とか手続きを完了し、
2日半の旅を無事に終えました。
それにしても、

「一人でも大丈夫だったよ」

と、
ケロッとしている娘。
本人は

「私、メンタル弱めかも」

なんていってるけど、
不安や心配などの心の問題と、
メンタルは違うと、
私個人的には思っています。
だって、
私の両親や兄弟が一緒にいるといっても、
家族と離れて地球の裏側で一人で暮らし、
ブラジルまで一人旅。
これって、
結構メンタル強くないとできないと思う。

久しぶりのブラジル。
彼女にとっては7ヶ月ぶり。
一番はやはり、
ブラジルの祖父母に会いたかった。
それが叶っただけでも、
かなり満足そう。

空港から自宅までの道のり、
おしゃべりが止まらなかった娘。
夏休みを思い切り楽しんでもらいたいですね。

ブラジル、
この生まれ故郷の小さな漁村。
人の温かさを身にしみて感じながら、
それを心にとどめて、
これからも人生を歩んでもらいたいものです。

とにかく、
無事に到着してくれて、
よかったぁ〜
2018-07-22 22.52.26

【第17回 ブラジル 料理教室】
日時 :8月 4日( 土)13:30〜16:30
場所 :ライフコミュニティー西馬込 1F 調理室
都営 浅草線 「西馬込 駅」西口 徒歩1分 徒歩1分
東京都大田区西馬込二丁目20 -1
TEL:03-3778-2581
※改札向かい にある、虹の絵の建物です!
参加費 :子ども¥1,500(小学生 未満 無料 )/ 大人 \2, 500
※ご賛同いただける方は、当日寄付のご協力ご協力をお願いいたします。
講師 :平塚えれなさん
えれなさんブログ:
http://saudade-brazil.cocolog-nifty.com/blog/
メニュー:
・ムケッカ(ブラジル風ココナッツカレー)
・コシーニャ(ブラジル風コロッケ)
・ココナッツケーキ
楽しく おしゃべりをながら、 美味しい ブラジル料理 を作りましょう ♪
<主催>
NPO法人 光の 子どもたちの会
"子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに過ごすためは? "
ブラジル東北部の小さな漁村で教育を通した活動をしています。
HP:http://criancasdeluz.org
Facebook:光の子どもたち会
連絡先:谷村祥子
canoa. japao@gmail.com
チラシ ブラジル料理教室20180804

私たちは現在、
“ライフスキル教育”というものを学校内で実施してもらうため、
教員向けのトレーニングを行っています。
2013年から2年半、
中学生を対象とした事業を実施。
彼らの強い要望から、
2016年より学校の先生に対するトレーニングを開始しました。
そして現在、
ブラジルのセアラ州アラカチ市内の学校を回りながら、
ライフスキル教育を取り入れた後の話を聞きながら、
今後の計画を立てているところです。

近年、
私の住むブラジルのセアラ州アラカチ市では、
中学生の子ども達の悲痛な叫びを耳にすることが多くなりました。
家庭内暴力、
性犯罪、
若年妊娠、
自殺未遂、
などなど。
それは減少するどころか、
どんどん膨れ上がっているように見受けられます。
麻薬がらみの未成年の死亡数も増加の一途をたどり、
10代の子ども達の現状が、
心を痛める以上に、
何かしなければならないと強く感じるほどにまでなっています。

先日、
ライフスキル教育を取り入れた学校を訪問し、
先生たちと話をしました。
その中で聞かれたのは、
家庭崩壊、
親子関係の悪化。
子ども達は問題があると、
親や家族ではなく、
学校の先生に相談するということ。

「先生は話を聞いてくれる」

「先生はこの後どうしたらいいか相談に乗ってくれる」

「先生は私という個人を受け止めそうとしてくれる」

全ての先生というわけではありません。
でも、
多くの学校で、
教師という職業は、
一部カウンセラーの要素を持つようになっていました。
そして、
こうした先生のいる学校では、
不登校や留年・中退をする生徒が減少してきているという、
現実があります。

多くの場合、

「ただ話を聞いてほしかった」

という子ども達。

ただ授業をするだけではなく、
その前に、
生徒たちに耳を傾ける時間を設ける。
生徒たちが必要としている問題や疑問、
それらの課題を一緒に学んでいく。
こうした姿勢は、
今の学校において、
重要な要素となっている。
そう強く感じています。

我が家の二女は、
現在小学5年生。
少し前から長女と共に、
お菓子作りを中心に、
料理をしていたのですが、
近頃は、
毎日のように何かしら作っています。
因みに日曜日には、
人生初のチョコレートタルト作り。
これがなかなかおいしかった♪

さて、
毎日、
夕方になると祖父母の家に行く二女。
そこでは、
なぜかいつも軽食を食べます。
最近のお気に入りは、
“オムレツ”
です。
なかなか祖母にも評判の良い、
おいしそうなオムレツが出来上がります。
ある日、
我が家の昼食がオムレツでした。
母親である私が作ったのですが、
二女が一言。

「このオムレツ卵臭い。
私が作ったほうがおいしくできる」

「じゃぁ、今度からオムレツ担当はあなたね」

我が家では、
料理に文句を言った人は、
その人が今後その料理を作ることになっています。
そのため、
魚料理とフェジョンは彼の担当。
そこに、
オムレツ担当として二女が加わりました。

こうして私が作る料理が減っていきます。
なんとも嬉しい悲鳴!!
料理に目覚めた二女。
今度は何を作ってくれるのか、
今から楽しみです♪

このページのトップヘ