光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

私は今、
「ライフスキルトレーニング」
というのを実施しています。
以前は中学生を対象に行っていたのですが、
現在は中学校の教師を対象に講義をし、
それぞれの学校で生かしてもらうべく、
トレーニングの最中です。

学校の教師というと、
「読み書き計算」
いわゆる、
IQの高い子どもを育てることに重きを置き、
その子ども自身を観察し、
その子どもに沿った学びを提供する…
ということが、
とても不得意である…
と、
1年間一緒に学びながら私は強く感じています。

例えば、
MI論。
1983年に、ハーバード大学の心理学者ハワード・ガードナーがこのMI理論を提唱しました。
彼は、紙と鉛筆だけで測るテスト知能だけではなく、
それ以外の知能にも目を向けるべきだと主張しています。
「人は皆それぞれ一組のMultiple
Intelligences(多重知性)を持っており、
少なくとも8-9つの知的活動の特定の分野で、
才能を大いに伸ばすことが出来る。(1983)」
と言っています。
例えば言語的知能は、
言葉を使用して他人とコミュニケーションができる能力とし、
単に「読み書き、話す」ことだけをさしていません。
また、
「EQ(心の知能指数(こころのちのうしすう、英: Emotional Intelligence Quotient、EQ))は、
心の知能 (英: Emotional Intelligence、EI) を測定する指標。
心の知能とは、自己や他者の感情を知覚し、
また自分の感情をコントロールする知能を指す。(抜粋:wikipedia)」
「人の態度や物言いなどのあらゆる言動は、
その時々における自分自身の感情の状態に大きく左右されている。
したがって、
このことを意識してうまく利用することができるのは一つの能力であり、
この能力は誰もが備わっているもの。
だから、
適切な訓練によって、
その発揮能力を高めることができる。(抜粋:EQとは?)」
まとめてみると、
自分の感情と相手の感情を考え、
行動をコントロールする事がEQともいえます。

学校での生徒の様子、
家庭での生活、
様々な要因があり、
その子どもたちは生きています。
学力を高めることが最大の学校の目標だとしても、
それを達成する点には、
知識以外の部分を補うことが重要なのではないでしょうか。

そんなことを少しずつ、
トレーニング研修において、
参加している先生たちに伝えていきたいと考えています。

最後に
「生徒に「自分は何者であり、何ができるか」を理解されることが
重要である(ガードナー(1999))」

2017年5月26日、
私の住むアラカチ市にある
“ヴァリ・ド・ジャグアリビ大学”にて、

「第14回セアラ州看護大会」

が開催されました。
私も招待され、
開会のセレモニーに参加したのですが、
壇上に座っていたものの、
「挨拶はなしで…」
と断っていた私。
しかし、
主催のブラジル看護協会セアラ支部会長が挨拶をはじめ、
「まず初めに、私たち協会より、
トロフィーの受賞をさせていただきます」
と、
マイクを司会者に。
すると、

「鈴木真由美さん」

となぜか私の名前が呼ばれ、
友人であり、
同志のRejane(看護師)から、
トロフィーが渡されました。

何を話していいのかもわからずマイクの前に立ち、
横で会長が、
「みて。トロフィーは私たちからではなく、セアラの子ども達からよ」
と言われると、
あまりのことに頭が真っ白に。
未だに何を話したのか覚えていません(笑)
18765864_10211133120976847_5047128476230024251_n
今回のセレモニーには、
私たちがJICA草の根支援協力事業で実施している、
「地域子育て支援ネットワーク」
の代表者として招待されていただけに、
まさか私個人にこのような賞を頂けるとは、
夢にも思っていませんでした。
18765720_10211133122416883_8254577392655378319_n
主催団体のブラジル看護協会セアラ支部についてはこちら↓
http://aben-ce.com.br/

先日、
弾丸出張の際、
長い移動時間に、
カバンになぜか入っていた、
「西の魔女が死んだ 梨木香歩著」
を読みきった。
何度も読んでいる、
この本。
でも、
娘が中1になってからは、
始めて読んだと思う。

この本の主人公"まい"は中学1年生。
不登校となり、
その間、
祖母の家で暮らすことになる。
祖母はイギリス人で、
魔女。
まいは魔女見習いとしての修行を始める。
のだが、
一番始めの課題が、
早寝早起き、
食事をしっかりとり、
よく運動し、
規則正しい生活をすること。
魔女でなくても大切なこと。
そしてその後、
なぜ不登校となったのか、
その理由を祖母に話し出す。
と、
この本の概略です。

我が家の娘達は、
日本とブラジルで生まれ育ち、
なんとなく、
この本の主人公と重なる部分もある。

長女はまず、
「私は魔女見習いとしての修行は既にクリアーしてるね。
だって、今でも22時前には寝るし、朝は5時半おき。
フットサルをして、
ご飯もよく食べるし。」

その後、
不登校の理由の部分になると、

「確かにグループを作る傾向はあるよね。
でも、
行きたくないのにトイレに一緒に行くとか、
好きでもないのにスターの話しをするなんて、
私は絶対しない。
私を私として受け入れてくれる人はいつもいるし、
それが特別だとは思わない。
"お前、めんどくせーなー"
って言う男子とかもいたけど、
それだけだし。」

さすがは我長女。
芯の強さが際だっている(笑)

最近は携帯を持ち、
ブラジルにいても日本の中学の友達とやり取りをしている娘。
もしかしたらこれから、
色々な困難が待ち受けているかもしれない。
でも、

「まぁ、私は黙っていられないから、
ママは私の話につきあってもらわないと。
聞いてくれてるだけでいいからさ」

という言葉に、
確かに私ができるのは、
それくらいだろうと思う。
でもそれを彼女がきちんと分かってくれているなら、
安心だとも感じる。

思春期真っ只中。
さて、
これからどうなるかな!?

2年前、
全世界で話題となり、
ブラジルでは妊産婦を中心に対策が取られ、
その後も新生児ケアで大問題となった、
“ジカ熱”。

先日収束宣言が出されたこのジカ熱。
しかし、
引き続き蚊を媒介とした病気が後を絶たず、
現在大きな問題となっているのは、
“チクングニア熱”

昨日アラカチ市保健局の職員と話したところ、
今週、
アラカチからフォルタレーザ(州都)に送られた、
2名のチクングニア熱患者が、
脳障害があることが分かったとのこと。
どのような経緯で重症化していくのかなど、
未だ分からないことが多い中、
患者は増える一方。
そして、
特に高齢者は重症化すると死亡する例も出てきているとのこと。

ただ、
黄熱病のように予防接種はできないので、
とにかく、
蚊に刺されないようにする。
それだけが唯一できること。

デング熱に3回もかかった私。
他人ごとではないので、
蚊対策、
きちんとしなければ…

<チクングニア熱とは?※Wikipediaより抜粋:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%8B%E3%82%A2%E7%86%B1
チクングニア熱(チクングニアねつ、Chikungunya fever、CHIKV)は、ネッタイシマカ、ヒトスジシマカなどにより媒介されるウイルス性の伝染病。おなじく蚊媒介性のデング熱やウエストナイル熱と症状が類似している。日本では感染症法に基づく4類感染症および検疫法に基づく検疫感染症に指定されている。
2日から長くても2週間程度の潜伏期間の後に、40℃に達する高熱と斑状丘疹があり、関節が激しく痛む。他に頭痛や結膜炎、羞明(眩しがること)などを伴うことがある。発熱は2日ほど続き急に終息するが、関節痛、頭痛、不眠、全身疲労などは5日から7日ほど継続する。[1] 関節痛は年齢にも依るが2年ほど続くこともある

※参加申し込み:canoa.japao@gmail.com(〆切6月17日(土))
17522719_1394335747255475_6888482472790790644_n
≪第14回 ブラジル料理教室 / Aula de comida Brasileira≫

日時:2017年6月25日(日)13:30〜16:30
Data: dia 04 de Setembro, dom. as 13:30 - 16:30

場所Local:ライフコミュニティー西馬込
東京都大田区西馬込二丁目20-1
life community Nishi-magome, cozinha (terreo)

交通アクセス:都営浅草線西馬込駅南口徒歩1分
※改札向かいにある虹の壁が目印です!
Estacao de Nishi-magome, saida oeste
Metro de Toei-Asakusa a pe 1minuto
Endereco: 20-1-1,nishi-magome,ota-ku, Tokyo
TEL 03-3778-2581

参加費(Valor):¥2500
メニュー:キビ、ニョッキ(シイタケ入り)、サラダ、米粉ケーキ
Cardapio: Kibe, Nhoque recheado com Shitake, salada, Bol de arroz

持ち物:エプロン、三角巾、マスク
Propriedade: avental,bandana,mascara

講師:平塚エレナさん
Professora: Sra. Helena Hiratsuka
*エレナさんblog:http://saudade-brazil.cocolog-nifty.com/blog/

連絡先:坂井春菜
Contato: Haruna Sakai
E-mail canoa.japao@gmail.com
※お問い合わせはメールのみとなりますのでご了承くださいませ。
※食物アレルギーのある方は必ず事前にお知らせください。

★随時募集中!★
楽器や文房具などを受け付けています。
サイズの大きい物に関しては、ご相談ください。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています☆

光の子どもたちの会スタッフ一同

夜中の3時。
無事、
カノアの自宅に到着しました。

帰宅後、
すぐに寝て、
朝から家じゅうの片付け!!

時差ぼけの二女は、
朝は元気だったのに、
昼頃から疲れたように眠りモード。
昼寝をしたら、
石のように動かなくなってしまい…
17時に無理やり起こして、
お散歩に…
夜はいつも通りに寝ていたので、
以前よりは時差ぼけせずにすみそうな予感…

私はいつも通り、
暑さに負け、
夏バテ気味。
とりあえず水分補給と、
貴重な麦茶を二女と二人で飲みまくっています(笑)

カノアに来る際にはぜひ、
麦茶パックをお願いします!!(笑)

明日から娘たちは学校。
私は仕事を再開です。
さて、
頑張るぞ!!

今回は、
カタール航空。
中東経由の場合、
時間帯が微妙なので、
到着時間も夜…

ということで、
明日、
ブラジルに出発します!!
時差の関係で、
5月5日0:01に羽田を発ち、
5月5日20:35にサンパウロに到着。
面白いことに、
5月5日の内に到着です!!
30時間近くかかっているはずなのに(笑)

日本では、
また新しい出会いがありました。
今後にもつながっていきそうな出会い。
今から楽しみです。
そして、
お世話になっている方、
支えてくださっている人達、
お会いできた人、
できなかった人、
皆さん本当にありがとうございました!!
年末には日本帰国予定です。
またお会いできること、楽しみにしております!!!!!

それでは、
行ってまいります!!

先日、
親子3人、
"黄熱病"の予防接種に行ってきました。
私は15年くらい前に一度、
受けたことがあったのですが、
イエローカードが無かったため、
再接種です。

近年、
ブラジルでは
"蚊"
を媒介にした病気が流行っています。
まだ皆さんの記憶にもあるだろう、
『ジカウィルス』
世界中に蔓延し、
その予防として、
まだ予防接種がないことから、
蚊除け対策を徹底する、
という、
原始的な方法がとられていました。
また、
近隣諸国では、
"黄熱病"
が流行り、
可能であれば、
予防接種を受けた方がいいという、
専門家の知人の言葉を受け、
今回の接種となりました。

横浜市では、
横浜市検疫所でのみ、
接種ができ、
完全予約制。
しかも、
毎週水曜日の13時からのみ…
ということで、
娘達は学校を早退し、
受けにいきました。

これからブラジル、
南米に行く予定の皆さん、
まだ一度も受けていないうであれば、
ぜひ、
黄熱病の予防接種を受けることを、
おすすめします。

私自身、
近年の子どもに対する、
けがや安全性に関して、
過剰ではないかと感じることがありました。
例えば、
怪我をしたから、
公園から遊具を撤去する…など。
そして今回、

「環境の変化を踏まえた健康及び安全の記載の見直し」

ということが記載されています。
この中で私がとても喜ばしいと感じたのは、
ケガをすると危ないからという理由で、
消極的になっていた遊びや活動に関して、

「上手にケガをさせよう」
「大きなケガをしないために、
存分に遊ばせる」

ということが、
強調されていたことです。

ブラジルでもよく、

”そこは危ない!!”

と思うところは、
子ども達が自然に回避していたり、
高いところから落ちても、
上手に転んでいたりと、
大自然の中で、
安全に配慮されていないように見えるのに、
子ども達は、
大きなケガになることがあまりない。
それは、
幼いころから、
遊びや活動の中で、
危ないことをを経験し、
体験し、
もしくは、
そういったことを感知して、
上手く回避することができていたからではないかと考えます。

今回のこの見直し、
私は

よかったぁ〜

と、
心から胸をなでおろしました。


※参考文献:エデュカーレ 2017.3月号 no.78

子どもに偏見を持たせてしまう「大人の問題発言」
https://article.auone.jp/detail/1/1/1/33_1_r_20170424_1493003331732828?ref=top

という記事を読みました。
私自身も、
生まれもった偏見などなく、
育っていく中で、
こうした大人の言動や、
環境から、
偏見が生まれていくと考えています。
特に、
そばにいる大人の家族。
こうした人の話し方、
態度、
言動は、
子どもに大きな影響を与えるのではないでしょうか。

よく話すことですが、
我が家の次女が幼稚園に通っていたとき、
偶然会ったクラスメイトに、
こんなことを言われました。

「お前の頭、
やっぱりクルクルだなぁ〜」

隣にいたその子のお母さんは

"この子、何てこと言うのかしら!"

という顔をしていましたが、
娘は腰に手をあて、
こういいました。

「そうでしょ?
可愛いでしょ?」

その男の子は

「まぁ、そうだな。
また幼稚園でな!」

と言い、
帰っていきました。

もしこのとき、
私達傍にいた大人がすかさず、
『ダメよ。
そんなことを言ったら!』
と言っていたら、
どうなっていたでしょうか?
ありのままを伝えているだけの行為が、
特別なものに変わってしまったでしょう。

誰もが過ごしやすい世の中にすることは、
難しいことかもしれません。
でも、
自分ができることを
一つずつ、
やっていきたいですね。

このページのトップヘ