光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

2015年03月

先日、
私達の活動が紹介された番組を鑑賞し、
その後、
参加者の方々とのおしゃべり会をしました。
いつもお世話になっている、
西荻窪のブラジリアンバー「Aparecida」で行われたのですが、
とても有意義なひと時となりました。
私達の活動だけでなく、
売春や麻薬といった問題についての議論や、
子どもの教育、
人生における教育の重要さなど、
多岐にわたるテーマについて、
話をすることができました。
私自身も自分自身大切にしていること、
いつも心掛けている事を再認識でき、
その中でも、
ブラジル、サンパウロのモンチ・アズールコミュニティー協会の創始者、
“ウテ・クレーマー”さんの言葉で、

「親でなくてもいい。
子ども達が、
心から信頼できる大人が一人でもいること。」

というのがあります。
私はよく、
一緒に活動しているスタッフにも言うのですが、
親が子どもにとってそういう人になれることがベストかもしれないが、
私達や、
地域の大人が子どもたちにとって、
安心し、信頼できると感じられる人となるように、
努めていかなければならない。

一緒に笑い、
語り合える。
悩みを打ち明け、
一緒に解決できる。

子どもにとって、
どんな大人が“信頼できる”と値するのかはそれぞれかもしれません。
でも、
全ての子ども達に、
そう感じることができる大人が一人でもいるような世の中にしていく事ができたらと、
切に願います。
IMG-20150228-WA0000

第9回光の子どもたちの会総会のご案内

日頃より【光の子どもたちの会】に対しましてご理解とご支援をいただきまして、誠にありがとうございます。
標記の件につきまして、
代表鈴木真由美の帰国報告会並びに総会を下記の要領にて開催したいと思います。
一人でも多くの方々にご参加いただきたくご案内いたします。
尚出席、欠席につきましては3月10日までに電話、ファックス、メ―ルのいずれかにて
日本事務局までご連絡いただけますようお願いいたします。
欠席の方につきましては、委任状扱いとさせていただきますことを、予めご了承ください。
併せて、お願い申し上げます。
また、今回は第二部にてブラジルをもっと身近に感じていただくために、
講師としてヘンドリッキ先生をお招きしてポルトガル語講座を開講予定です。
ご興味のある方はお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。

日 時     平成27年3月29日(日)午後1時00分より
場 所     JICA横浜1F 会議室1
         横浜市中区新港2−3―1(下記地図をご参照ください。)
交通アクセス  JR桜木町 / 関内駅から徒歩15分
          みなとみらい線馬車道駅番万国橋出口から徒歩8分

※お問い合わせなどは日本事務局長堀池眞輔まで。
E-mail:horiike59@msi.biglobe.ne.jp 
TEL/FAX 045−321−1824
map

このページのトップヘ