1d955dc5.JPG色は自然光を原点としている。
光の根源は虹の色と同じ7色からできている。
物理学者であるニュートンの発見によるものだ。
彼は太陽光線がガラスのプラズマを通ることによって
7色の色が現れる事を示した。
赤、オレンジ、黄色、緑、青、インディエゴ(日本名がわからずすみません)、紫。

光は私達の体にとって必要不可欠なものであるといえる。
色を見て感じるという事はもっともだが、
植物の成長には欠かせないし、
その過程には必ず太陽の光が必要である。
植物は太陽の助けによって酸素を作り出し、
そのためには二酸化炭素を変化させる必要がある。
酸素はその後、
動物や私達人間になくてはならないものとなる。
これが一種の
植物と動物の重要な関係のひとつと言えるのである。

太陽光線は植物にとってなくてはならないものであり、
その光の色が
植物に様々な色をもたらす。
これは私達の目にきちんと見える形で示される。
花に様々な色があり、
そして、その実にはまたさらに異なる色が付く。
例えばパッションフルーツを見てみよう。
花は赤と青からなる紫色である。
紫に足りない色といえば黄色。
まさしくパッションフルーツの実の色ではないか。
これで主要三原色が揃ったのだ。

人間にとって植物とは大切な栄養源である。
植物から栄養を取っているという事は
それらが人間の体にとって大切なものである事を意味している。
固形物のみが体の栄養に必要であると言うわけではないが、
栄養源としてはなくてはならないものである。

こうやって考えてみると、
色と言うものが私達の体にとって
全く関連のないものだとは言い切れないのではないか。
私達の体は、
“色”というものを受け入れる事にすでに慣れているのである。

*****************************************************************************
<部屋の中で虹をつくる>
準備するもの:

鏡が入る大きさの桶


‐綉3つのものを使って、部屋の中に虹をつくってみよう!!!
∋臆端圓考えながら虹の作り方を見つけていく。
Cかで来た人がいたら、その人にみんなの前でやってもらう。
こГ蚤慮海垢襦

※皆さんも一度、試してみてください。
果たして虹は出来るでしょうか?
正解は次回・・・