f35a13fd.jpgカノアの子ども達は
本当に野菜嫌い。
といっても、
どちらかというと食わず嫌いともいえる。
というのは、
野菜がなかなか手に入らない土地だっただけに、
日常家庭で作る食事に使用する野菜が
極端に少ないのだ。
昨今、
観光地カノアが発展する中で、
八百屋さんには豊富な野菜が並ぶようになった。
でも、
食材が高騰を続け、
貧しい家庭では野菜を買うことは本当に難しい。

私たちの保育園でも、
できるだけ栄養価の高い給食を…
と、提供しているが、
野菜の高騰のために
以前よりも少なくなっていることは否めない。。。
そこで始めたのが
保育園の園庭を利用した
「菜園、畑づくり!!!」

子どもたち自身が育てていくことで、
野菜嫌いがなくなるのではないか?
不足しがちな野菜を
少しでも多く給食に入れられるようになるのではないか?
そんな思いを胸に
毎日水あげに励んでいます。

さて、この菜園。
果たしてうまくいくのでしょうか???