4月26日。
前日の大雨で心配したのですが、
無事に晴れ、
朝6時半に家を出て
千葉市で行われた
「こども環境学会2009千葉大会」
に行ってきました。
分科会の登壇者として参加し、
ポスターセッションにも参加したのですが、
本当に勉強になりました。
この話は明日するとして…

今回はそのあと、
午後に参加した
「オイリュトミーと演奏会」
について書きたいと思います。
千葉から地元横浜に。
本当に小旅行でした(笑)
でも、
予定よりも早く会場に到着し、
突然申し出た物品販売も快く受けてくださり、
本当に感謝でいっぱいの会でした。
久しぶりに見たオイリュトミー。
そして、
ライアーに琵琶、
バイオリンにピアノの生演奏。
プログラム構成も素晴らしく、
飽きずに最後まで
集中してみることができました。
オイリュトミーで行った“ブレーメンの音楽隊”。
娘に見せることができなかったのが本当に残念です。

3年ほど前から、
イベントを開催し、
その会参加費を私たちの活動に寄付してくださっています。
毎年クリスマスの時期に行っていたのが
今年、
この時期に行われ、
晴れて私も参加することができました。
満員の観客。
そして、
暖かい光と空気。
素晴らしい環境の中で、
演技された方たちも素晴らしく、
本当にその場に立ち会うことができたのがうれしかったです。

遠くブラジルで行われている活動に
このようにたくさんの温かい人々の心を届けてくださっていることに、
感謝せずにはいられません。
本当にありがとうございます。
お礼しか言えませんが、
現地でスタッフとともに、
住民とともに
これからもがんばっていきたいと
心新たにした私でした。