DSC02159
私たちの保育園の菜園。
少しずつですが、
いろいろなものを収穫できるようになっています。
先月以降、
レタスの収穫を行っています。
野菜というものをあまり口にしない村人たち。
サラダなんて言うのは
食卓に上がる家庭も手で数えられるほどです。
しかも、
常夏のカノア。
葉物は八百屋さんで購入しても
かなり高く、
手の届かない存在です。
そんな野菜の代表格、

“レタス”

菜園で、
無事に育ち、
収穫をしました。
そして、
給食にサラダとして出したのです。
子どもたちの反応が気になるところですが、
自分たちで水をあげ、
収穫したもの。
だからなのか、

「おかわりはないのぉ〜」

と、
駄々をこねる子どもがいたほどの
大好評。
それを聞いたお母さんたち。
何とも半信半疑の態度でした(笑)

こうやって少しずつでも、
子どもたちが栄養バランスのとれた食事をするようになってもらえたら
嬉しいですよね。


※(株)味の素「食と健康」国際協力支援プログラムの助成金を受け、実施しています。