次女の3歳になる娘。
ブラジルでは、
私たちが行っているカノアの保育園に
1月から通っています。

日本では、
子育て支援広場などには行ったことがあるものの、
保育園や幼稚園には通ったことがありません。
昨年、
長女が幼稚園に通っていた時、

『私ももうすぐここに通うんだよね』

と、
うれしそうに話していました。

今年、
いつも遊んでいた近所の友達が幼稚園に行っていることもあり、
日中は赤ちゃんしかいません。
遊び相手がいないので、
少しさみしそうです。
しかも、
私が仕事で出かけるとき、
毎回母や妹の仕事が休みとは限りません。
そこで、
一時保育ではあるのですが、
行かせることにしました。

初日の今日。
朝、
泣き叫ぶ娘を先生に渡し、
園を後にしました。
気になって、少し玄関のところで耳を澄ましていたのですが、

「おはようございます!!!」

という子どもたちの声が聞こえてきたと同時に、
娘の泣き声も止みました。

お迎えの時間、
少し心配でしたが、
本人はあっけらかん。
本当に楽しかったようです。
今回は半日保育でしたが、
明日は一日保育。
楽しみにしながら寝た娘の顔を見ながら、
微笑んでしまう私でした。