今日、
9月29日に
JICAサンパウロ事務所より、
JICA日系青年ボランティア担当者が
現地訪問にこられました。
今回は、
ボランティアが
どこに住み、
どこで働き、
どんな地域で暮らし、
仕事の内容といったことよりも、
日本から来て間もないボランティアの様子を
見に来たという印象でした。

私たちが話すこと、
それを聞きながら不安そうな顔のゆきちゃん。
でも、
彼女は本当に、
カノアに来てたった2ヶ月とは思えないほど。
それでも、
やっぱり焦ったり、
不安に思ったりしていることも
あるようです。

私たちにできることは、
とりあえず見守ること。
できる限りのサポートをすることだけ。
異なる環境の中での生活。
大変だと思うけど、
上手に力を抜きながら頑張って欲しいと思っています。