我が家の次女は、
毎晩のようにおねしょをします。
長女は神経質なのか、
赤ちゃんの時から
おむつが濡れているのが気持ち悪いのか、
取れたのも早く、
その後、
パンツでおもらし・・・ということもありませんでした。
しかし次女は、
よく言うと、
天真爛漫で楽天的。
ちょっと汚れようが、
濡れようが、
気にならないようです。
おかげで、
おむつが取れたあとも、
遊びに夢中でパンツを濡らすこともしょっちゅう。
そして、
毎晩のようにおねしょをします。
ただ、
パタっとしなくなることもあって、
数ヶ月おねしょをしなかったことも・・・

そんな次女。
現在4歳ですが、
今日、
寝る前に突然
「ママぃごめんね」
と泣き出しました。
どうしたのかと思ったら、
「いつもおねしょしちゃってごめんね。
したくないんだよ。
でも、
知らないうちに出ちゃってるの。」
ーそうだよね。したくないんだよね。でも、出ちゃうんだもんね。
「ちゃんと起きて、トイレに行けることもあるもん。
行けなくて濡らしちゃっても、ちゃんと一人で着替えるもん」
ーそうだよね。でも、トイレにひとりで行くのが怖かったママを起こしてもいいよ。
「うん。きのうみたいにね」
ーそう。
「おやすみ。今日、がんばるね」
ー・・・

本人も、
小さいなりに思い悩んでるんですよね。
小学校に入るまでは、
あまりきつく怒ったり、叱ったりしないようにしようと思って、
そう接してきたつもりだったのですが、
さすがは子ども。
“まずいな”
と、どこかで感じ取っていたのかもしれないですね。
それでも、
どこかで『おねしょをしないで欲しい』と願っている私もいます。
矛盾していますよね。
娘の気持ちを受け止めつつ、
私自身もちゃんと成長しないと。。。