今日10月12日は、
ブラジルの「こどもの日」です。
この日は日本と同じで祝日。
今年は金曜日だったこともあり、
大型連休となっています。
(ちなみに10月15日は教師の日ため、学校はお休みです)
観光地として名高いカノアは、
今週末、
セアラ州内で一番の人気スポットとのことで、
大変な賑わいを見せています。
ただ、
私たちが住んでいるエステーヴァン村はとっても静かですが。

娘たちはプレゼントをもらい大喜び。
しかし・・・
パパィの買った次女のサンダルが大きすぎて、
パパィは朝慌ててお店に向かい、取り替えてもらってきました(笑)
午後には
珍しく、家族みんなで“バナナタルト”を作りました。
そして、
夕方にはカシューナッツを炒り、
夕日を眺め、
ゆっくりと一日が過ぎていきました。

思う存分走り回った娘たちは、
疲れてすぐに寝てしまったほど。

こどもの日。
こうして元気に走り回り、
笑い、泣き、喧嘩し・・・そして笑う。
(こどもの日は今日だけではなく、
毎日が“こどもの日”であると私は思っているのですが)
その一日一日を、
思いっきり楽しんでくれることが何よりだと感じています。