昨日、
“日本赤十字社 東京都赤十字血液センター”
に行ってきました。
なぜかというと、

一昨年、
ブラジルでデング熱に罹り、
その後、
皆さんもご存じのとおり、
代々木公園でのデング熱感染のニュース。

ということで、
熱帯寄生虫学の専門の三浦先生の薦めで、
私の血液にある、
デング熱抗体を研究に役立てていただこうと、
採血に行ったのです。

実は私、
10年ほど前、
一度デング熱に罹っており、
一昨年の感染で、
2度目となります。
重症化しやすいと言われているだけに、
複数感染という点でも、
何かお役に立てるかも!?です。
デング熱のように抗体が血中にできると、
免疫が低下した時の体調などにも変化があるんだとか。
そんなことにも興味津々の私です。

さて、
どんな結果が出ることやら。
楽しみです。