先日、
知人家族が訪ねてきた際、
連れの彼が弟の写真を見せてくれました。
生まれた時からベットに寝たきり。
それでも、
母親の努力のおかげで、
自宅には充実した医療設備があり、
派遣されてくる介護士が常勤している。
学校に通うことが難しいと知ると、
自宅に教師を招いた。
これを全て、

「人はみな平等」

という法律を実現させるために、
母親が勝ち取ったものだという。
(母親は43歳という若さで亡くなった)

寝たきりで、
しゃべること、
指先を少し持ち上げることしかできないにも関わらず、
絵やパソコンに興味がある事を知った兄弟は、
そのための機材を整え、
講師を招いた。
現在では寝ながらも、
呼吸のおなかの動きでマウスを動かし、
グラフィックデザイナーとして仕事をしているという。

もっとうは、
「限界はない」
ということ。
五体満足でも、
自分自身で限界を決め、
できないと文句を言う。
本当に“無理”ということはどのくらいあるのだろうか?
そんな事を考えさせられた。

「吾唯足知」

という言葉がある。
「われ ただ たるを しる」と読み、
一言で言うと
「人は欲張らず、
今の自分を大切にしなさい」
という意味で、
「足る事を知る人は不平不満が無く、
心豊かな生活を送ることが出来る」
ということだそう。

胸に刺さる言葉。
よし。
がんばろう!!