我が家の娘達は
小学校2、5年生。
今年に入り、
長女が突然、

「友達を呼んでパジャマパーティーをしたいんだけどいい?」

と、
聞いてきました。

どこかで見たのか、聞いたのか・・・
娘たちの学校は6月中旬の学期末試験に合格すると、
長期休みに入るので、
もしちゃんと合格できたら、
やってもいい…ということにしました。

さて、
娘達は2人とも無事に合格。
そこで早速招待状作り。
呼ぶのは2人。
一人は小学校4年生で、
同じ学校に通っている“はとこ”。
もう一人は、
小学校2年生の“いとこ”。

ここに住んでいると、
親戚以外の人を探す方が大変なのですが、
同じ学校に通っている女の子は、
週末は必ず我が家で一日過ごすほどの大の仲良し。
一人っ子の彼女は、
年の近い娘達といるのが楽しいようで、
いつも一緒にいます。

さて、
パジャマパーティー当日。
一人の子は、
母親と同じベット以外で寝るのは初めてということで、
ちゃんと寝れるかが一番の問題。
もう一人は、
おねしょがひどく、
その対処が問題。
でも・・・
長女の作成したスケジュール通り、
3時半に集合して遊ぶところからスタート。
散歩や夕食、お風呂を経て、
まくら投げ大会。
(これって、世界共通なんですね(笑))
いつもなら9時には就寝の娘達。
興奮さめやらず、
結局寝たのは夜の11時頃でした。

朝。
あまりのうるささに目を覚ますと、
4人そろって庭で木登り。
時計を見るとなんと、
まだ6時ではありませんか。
朝の6時から木登りって。
しかも、
木から落ちてギャーギャー泣いてるし・・・

とにもかくにも、
無事にパーティーは終了し、
皆ご満悦。

こうしたことも、
成長の証しなんだと、
ふと考えながら嬉しくなる私でした。
それにしても、
女の子4人なんだから、
もっと部屋はきれいに片づけててほしかった;;;