私が住んでいるカノアというところは、
海と砂丘という、
大自然に囲まれた場所です。
そこにいると、
どんなにネットやテレビが普及しても、
潮風のにおい、
月の光、
太陽の眩しさ…
と、
いつでも、
どこでも、
自然を体全体で、
五感を使って体験できます。

日本にいると、
なかなかそういった機会に恵まれない…
と言いたいところですが、
娘達といると、
空を見上げ、
風に驚き、
草木のにおいを嗅ぎ…
と、
以外にも五感をフルに活用しています。

でも、
こうしたことを自然とできるのも、
娘達と一緒に、
カノアという地で過ごしている時間がある、、、
ということが大きいのかもしれません。

作家の椎名誠さんがこんなことを言っていました。

「ネットやテレビではわからなものがある。
それは、においなんですよ。」

確かに。
この、
“におい”を感じられる場所。
そこで過ごすということは、
現実の世界でしかあり得ないこと。
そんな空間で、
子ども達とこれからも一緒に過ごしていきたいものです。