日本の皆さんはご存知かもしれないですが、
ウルグアイのホセ・ムヒカ前大統領。
実はブラジル在住の私は、
2012年にブラジルのリオで行われた国連会議でのスピーチを、
日本のインターネットニュースで知りました。
ブラジルではあまり、
話題にならなかった、
もしくは、
私の住んでいる地域では…
かもしれませんが。。。
そのスピーチで、
「世界が抱える諸問題の根源は、我々の生き方そのものにある」
と説いたムヒカ氏。
今回、
日本の学生に向けて話をしたそうです。

4つの人生訓。
1. 消費主義に支配されるな
2. 歩き続けよ
3. 同じ志を持つ仲間を見つけて闘争せよ
4. 自分の利己主義を抑えよ

どれも本当に、
心から頷ける、
納得できるものでした。
そしてぜひ、
多くの人にこのメッセージを伝えたい。
心からそう思えました。

狷争せよ”

という言葉は、
私たち日本人には少し抵抗のある言葉かもしれません。
でも例えば、
「人生でもっとも重要なことは、勝つことではありません。歩き続けることです。
(中小略)新たに何かを始める勇気を持つということ」
「何か魔法のようなものが社会を変えてくれると考えないでください。
あなたと同じ志を持つ人はたくさんいます。仲間を見つけて集まってください。」
「あなたが生きている限り、他者との衝突は避けられません。
大事なのは、コンフリクトを起こさないことではなく、
どうやってコンフリクトを解決していくかということ」

そのメッセージの中には、
私たちが今の自分、
人生を見つめるきっかけとなるものがある。
そんな気がしています。

詳細はこちら↓
http://www.msn.com/ja-jp/news/opinion/%E3%80%8C%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%81%A7%E3%81%84%E3%81%A1%E3%81%B0%E3%82%93%E8%B2%A7%E3%81%97%E3%81%84%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98%E3%80%8D%E3%81%8C%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%AD%A6%E7%94%9F%E3%81%AB%E8%AA%9E%E3%81%A3%E3%81%9F4%E3%81%A4%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%94%9F%E8%A8%93/ar-BBrwe9b#page=2