小学校入学前。
子ども達にはさみやナイフを使わすということ。

「危ないから!」

と、
そういったものに触れさせることのない家庭もあるかもしれない。
でも、
私たちはあえて、
3〜5歳児の異年齢クラスの中で、
はさみやナイフを使います。
といっても、
突然ある日、

「ハイ」

と渡すのではなく、
そこに至るまでは、
きちんとプロセスがあるのです。

例えばナイフ。
ブラジルは食事をするときにフォークとナイフを使います。
しかし子どもには危ないからと、
小学校入学前まではスプーンのみという家庭もあります。
でも、

“危ない”

ということを知らずに、
大きくなったからと大人が判断し、
使っていいというのは少し変ではないですか?

私たちはまず、
週に1度、
給食づくりのお手伝いやお菓子作りをする、
“料理の日”
において、
給食のスープの野菜を切る…
といったことから、
少しずつナイフを使っていきます。
この時は教師が少数の子どもに対して、
見守りながら使用します。
全ての子どもがきちんと使い方、
人への渡し方、
片付け方、
洗い方などを学んだ後、
給食をフォークとナイフで食べる日がやってきます。

幼いころからはさみやナイフに触れ、
指を切ったりと、
危ない、
痛いということを学び、
それを大切に扱うことを知っていると、
大きなけがをしないものです。
これは今までの保育園での体験に基づいています。

今日、
後期になって初めて、
フォークとナイフを使用して給食を食べました。
子どもの真剣な顔。
また一つ、
成長を感じられる場面でした。
IMG-20170919-WA0027
IMG-20170919-WA0026
IMG-20170919-WA0025
IMG-20170919-WA0024