今日、
クリスマスのカウントダウンともいえる、
アドベントのお祝いをしました。
アドベントは、
クリスマスまでの4週間、
その準備をする期間としてあります。
そして私たちは今日から4週間かけて、
子ども達とクリスマスまでの日々を、
過ごしていくこととなります。
(クリスマス会が12月20日を予定しているため、
本日アドベントのお祝いをしたのです)

私たちが住んでいる地域は漁村です。
今でこそ少なくなりましたが、
ほんの15年前までは、
8割以上が漁師という村でした。
そのため、
アドベントのお祝いとして選んだお話も、
漁師にまつわるものでした。

教師が物語を語っていくと、
子ども達はどんどんその世界に引き込まれていきます。
中には話に集中することのできない子ども、
ファンタジーの世界に入り込めない子どももいます。
でも、
物語に入り込んだ子どもは、
この特別な日の体験を、
忘れることはありません。
現に我が家の長女は中学1年生ですが、
未だにこの日のことを覚えているそうです。
(しかも一番印象に残っているのは3歳の時、
初めて体験した時のことだとか…)

なぜ、幼児期にこうしたファンタジーの世界に触れることが重要なのでしょうか?

物語の主人公になりきる、
お話の中に入り込む、

そういったことができる子ども達は、
他人を思いやる気持ちを持つことができ、
相手の立場に立って物事を考えることができるようになります。
こうした想像性に触れていなかった子どもは、
大きくなった時に、
なぜ相手がそのように考えるのか、
なぜそういった行動を起こしたのか、
考えることすらできなくなってしまう。
飛躍しすぎだと思われる方もいらっしゃるかもしれません。
でも、
私はそう考えています。

以前、
ゲームの中では剣で刺してもまた生き返るから、
イライラしたからその人を刺した…
と話していた10代の青年がいました。
彼はなぜ、その人が生き返らないのか、
それをとても不思議がっていたそうです。

これは少し行き過ぎた話ではありますが、
ファンタジーの世界を知っているというのは、
現実の世界と混在している…
ということではありません。
なぜなら、
ファンタジーの世界で生き、
それを遊びなどを通して活動に生かしているのは、
幼児だからです。
こうした子ども達が成長し、
大人になっていく過程では、
それらが現実の感情や思考として生かされていく。
そう私は信じています。

近年、
こうした語り部を聞く機会も減り、
読み聞かせをしてもらうことも減っているようです。
ビデオではなく、
インターネットでもなく、
人の声で、
その感情が感じられる中で、
ぜひ物語の世界を多くの子ども達に体験してほしい。
そう願っています。
IMG-20171118-WA0010
IMG-20171118-WA0011