「自然の摂理とは、
自然界のいろいろな生き物たちが織り成す生態系の法則である。
弱肉強食というが、
強者でもお腹が空いた時だけ、
自分の空腹を満たすだけの食料としての弱者を取るだけであり、
それ以上の殺戮はしない。
植物では、
お互いに助け合いながら生命を維持している。」

とある。
これは本能ともいうべきものかもしれない。

私たち人間は、
生きていくために必要なことだけではなく、
その技術や能力が高まれば高まるほど、
自分本位となってしまいがちである。

自然に倣い、
私たちも今、

“本当に必要なものとは何か?”

を学んでいく必要があるのではないか。
そんなことを強く感じた、
今日この頃です。