我が娘の次女は、
本が大好き。
毎日のように小学校の図書室に通っています。
先日の個人面談でも、
担任の先生からの心配事の一つが、

「休み時間はいつも、
一人で本を読んでいる姿を見かけるのですが、
おうちではどうですか?」

でした。
娘はもともとエネルギッシュで天真爛漫。
学校から帰宅するとかばんを放り投げ、
近所の友達と鬼ごっこなど、
思い切り体を動かして遊んでいます。
そして、
寝る前は必ず読書。
本を読むこともまた、
彼女のライフワークの一つなのだと思います。

そんな彼女がお年玉で買った2冊の本。
どんな本なのか。
私も読んでみました。

『言葉屋 久米絵美里著』

言葉のことを紐解いていくお話なのですが、
その中で書き留めておきたいこと。

「言葉は、話す時につかうためだけのものじゃない。
ものごとの関係性を読み解く時や、
何かを記憶する時にもつかう、
思考に必要な道具だ。
(中小略)
一つの言語だけで勉強をしてきた人と知識の蓄え方がちがったから、
テストっていう限られた枠の中では、
学力をはかりにくくなっていたんだ。」

この文章を読みながら、
長女のことが頭をよぎりました。

言葉って本当に難しい。
コミュニケーションのための道具というだけでなく、
それ以上に、
その奥には文化や様々な背景がある。

「言葉は毒にも薬にもなるんだよ」

この本の帯に書いてある言葉。

こうした本を娘が選び、
買ったのだと知ることができ、
また、
私自身にも学びがありました。
やっぱり本って、
いいですよね。
51VtQNk9ZOL._SX348_BO1,204,203,200_