光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

カテゴリ: 報告会/講演会

皆様、

新型コロナウイルスの影響で、
新しい生活様式を実践中だと思います。
ブラジルでは、
感染者が増加し続けており、
とうとうカノア保育園のある、
エステーヴァン村からも陽性者が出てしまいました。
今現地では、
身近に感じてこなかったものが、
現実のものになったと、
多くの人が不安を口にしています。

さて、
下記のようなお知らせをいただきましたので、
転送させていただきます。

=====(下記転送)=====
現在、「むすびめの会」(図書館と多様な文化・言語的背景をもつ人々をむすぶ会)という団体の企画委員をしています。
同会は図書館の多文化サービスに関心を持つ有志が1991年に立ち上げた研究運動団体で、会員は約200名、図書館関係者や研究者が多く参加しています。
年4回、会報『むすびめ2000』を発行し、講演会などもおこなっています。

今月、下記講演会がオンライン会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使っておこなわれます。
ご興味のある方はどうぞご参加ください。

■オンライン開催 むすびめの会講演会「外国につながる子どもと絵本をむすぶ取り組み」
日時:2020年6月27日(土曜日)14:30〜16:30

ゲストスピーカー:深田元美さん・関本保孝さん
(ピナット〜外国人支援ともだちネット ピナット子ども学習支援教室コーディネーター・学習支援スタッフ)

※ピナット〜外国人支援ともだちネットとは:
フィリピン、ピナツボ火山噴火の被災者支援と交流を目的に、1992年1月から活動を開始。その後、地域の外国人支援や国際理解教育の活動にも取り組む。東京の三鷹・武蔵野をベースに、外国人が親子ともに安心して暮らせるよう、日本語学習支援、生活・子育ての相談ができる場所を提供。(同会ホームページ https://pinatmitaka.wixsite.com/pinat

ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使って開催します。
事前の申込みが必要です。(〜6/24まで)

受講料:無料(非会員の方も)
申込み詳細は下記ホームページをご覧ください。
https://sites.google.com/site/musubimenokainew/
申込〆切:6月24日

主催:むすびめの会(図書館と多様な文化・言語的背景をもつ人々をむすぶ会)

皆様、

寒暖差が厳しい昨今。
お元気でお過ごしでしょうか?

さて、
CANOAだよりにも同封させていただいたのですが、
下記のように「第14回光の子どもたちの会総会」を開催いたします。
報告会も兼ねているため、
会員以外の方も参加いただけるようになっています。
お誘いあわせの上、
ぜひお越しいただけますよう、
お願いいたします。

【第14回光の子どもたちの会総会】
日頃よりご理解とご支援をいただきまして、誠にありがとうございます。
代表鈴木真由美の現地活動報告会並びに総会を下記の要領にて開催したいと思います。
また、第2部として、よりブラジルを身近に感じていくために、
この度実施されましたJICA草の根技術協力事業事後調査に参加された秦野市教育委員会の方も含め、
2019年度カノアを訪れた皆様からの報告会も開催いたします。
ご興味のある方はお誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
※会場が昨年とは異なりますので、ご確認の上、お越しくださいませ。

日時:2020年3月22日(日)午後1時30分より
場所: JICA横浜:会議室1
神奈川県横浜市中区新港2−3−1(下記地図をご参照ください。)
交通アクセス:JR桜木町駅、関内駅北口駅より徒歩15分
みなとみらい線馬車道駅4番万国橋出口より徒歩7分
※お問い合わせなどは日本事務局長堀池眞輔まで。
E-mail: info@criancasdeluz.org
TEL/FAX 045−321−1824
地図

毎年恒例、「よこはま国際フォーラム」に参加します!!
今年は
日時:2月3日(日)14:10〜15:00
場所:JICA横浜 会議室1(1F)

通常は特別講師の方も呼ぶのですが、
今回は代表の鈴木真由美(保育士)の報告のみとなります。
保育園を拠点とし、
そこから地域子育て支援へと広げてきた私たちの活動をご紹介したいと思います。
皆様ぜひ、お越しください!!

http://yokohama-c-forum.org/wpforum/forum_registration/

「ブラジル、笑顔の裏で 〜小さな貧しい漁村の生活」

日時:2019年1月27日(日) 14:00〜17:00
場所:Barzinho Aparecida
   〒167-0053 東京都 杉並区西荻南3-17-5

ブラジル北東部、
常に光に溢れた風光明美なセアラ州カノア・ケブラーダで
地元の子どもたちのために奮闘している日本人女性がいます。
サンパウロから飛行機で数時間もかかる、
他に日本人などいない小さな町で、
どうして、
何のために活動を始めることになったのでしょうか?

鈴木真由美より:
『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに過ごすためには?』

私がこの言葉をミッションとして掲げ、
ブラジルで保育園を始めたのは、今から18年前。
ファベーラというスラム街の保育園で子どもやその家族と接する中、
多くの人達が故郷を捨て、
サンパウロの大都会にやって来たことを知った。
「どうして故郷を捨てなければならなかったのか?」
その理由を知ったとき、
ブラジル人からも“地の果て”と言われるブラジル北東部の小さな漁村に行くことにした、私。

そんな私の小さな物語を、ブラジルの大自然を一緒に感じながら体験してみませんか?
日本とブラジルを小さな娘達と往復する生活を続けてきた私が、日本とブラジルの子育てについてもお話しさせてもらいます。
皆さんとお会いできることを楽しみにしています。
https://www.facebook.com/events/2029919993736590/?active_tab=about

特別非営利活動法人 光の子どもたちの会関係者各位
第12回光の子どもたちの会総会のご案内

日頃より【光の子どもたちの会】に対しましてご理解とご支援をいただきまして、
誠にありがとうございます。
標記の件につきまして、
代表鈴木真由美の現地活動報告会並びに総会を下記の要領にて開催したいと思います。
一人でも多くの方々にご参加いただきたくご案内いたします。
尚、出欠席につきましては3月9日までに電話、ファックス、メ―ルのいずれかにて
日本事務局までご連絡いただけますようお願いいたします。
欠席の方につきましては、
委任状扱いとさせていただきますことを、
予めご了承ください。
併せて、お願い申し上げます。

また、今回は第二部にて当団体スタッフであり、
JICA日系社会青年ボランティアとしてブラジル・ベレンにて活動をしてきた谷村祥子が
活動報告を致します。
また、ブラジルでの生活をもっと身近に感じていただきたく、
ワークショップも準備しております。
ご興味のある方はお誘い合わせの上、
ぜひご参加ください。


日時:平成30年3月24日(土)午後1時00分より
場所:JICA横浜4F セミナールーム3
   ※昨年と異なる部屋ですのでお気を付けください。
   横浜市中区新港2−3―1(下記地図をご参照ください。)
交通アクセス:JR桜木町 / 関内駅から徒歩15分
       みなとみらい線馬車道駅番万国橋出口から徒歩8分

※お問い合わせなどは日本事務局長堀池眞輔まで。
E-mail: info@criancasdeluz.org
TEL/FAX 045−321−1824
http://criancasdeluz.org
map

【イベント情報:茶話会 with 鈴木真由美】
日時:1月20日 14:00〜16:00
場所:Barzinho Aparecida
東京都杉並区西荻南3-17-5 2F

ブラジルでの暮らしのこと、子育てのこと、保育にかかわる活動のこと。質問に答えながら、自由におしゃべりしませんか?
美味しいブラジル料理を食べることができます🎵

皆さんとお会いできること、楽しみにしています‼

昨日、
第2回となる、
総会が開催されました。
今回は、
二人からカノアを訪れたいときの体験を
報告してもらいました。

一人は、
今でもスタッフとして、
いつも、いつも頑張ってくれている、
感謝してもしきれない、
春菜ちゃん。
約10年ぶりに訪れたカノアの様子を
話してくれました。

そしてもう一人は、
東海大学に在学中の、
幸子ちゃん。
彼女はブラジルの植物研究のため、
カノアの植物を調べました。
その報告の中から、
私にとって、
一つの大発見!
image
写真の砂丘をみると、
一列に並んだ黒いものが見えます。
それが、
Capim de cabeca(頭の草)
と現地で呼ばれている、
雑草です。
実は私、
砂丘でカシューナッツを炒るとき、
その薪に、
この雑草を抜いて、
燃やしていました。
根がとても長いこの雑草。
トゲトゲで、
座るときに周りにあるこの草を
抜いていたのです。
しかしこの雑草。
実はすごい役目が!
砂丘の防風、
そして、
砂崩を防いでいたのです!

これからはこの草、
大切に、
抜かずに育てていきます(笑)

日頃より【光の子どもたちの会】に対しましてご理解とご支援をいただきまして、
誠にありがとうございます。

今年も表記のように、
総会を開催することとなりました。
今回は当団体代表鈴木真由美の報告並びに、
東海大学学生による現地活動報告、
そして、
ビオセントリカという、
新しい学びの中から、
ワークショップを実施したいと考えています。

ぜひ皆様とお会いできると嬉しいです。
日本滞在中にお会いできる良い機会でもありますので、
お誘いあわせの上、
お越しくださいますよう、
お願い申し上げます。

日時:平成29年3月5日(日)午後1時00分より
場所:JICA横浜1F 会議室1
   横浜市中区新港2−3―1
交通アクセス:JR桜木町 / 関内駅から徒歩15分
       みなとみらい線馬車道駅番万国橋出口から徒歩8分
map
※お問い合わせなどは日本事務局長堀池眞輔まで。
E-mail: info@criancasdeluz.org
TEL/FAX 045−321−1824

2017年2月5日、
「よこはま国際フォーラム2017」
があり、私たちも参加しました。
今回は、

「井上さく子先生」

をお招きし、
私との対談を行ったのですが、
本当に私自身が楽しい、
そんな対談でした。
1486340996013
その中で印象に残ったことを一つ。

「信頼できる人」

昔は地域の中であいさつをしたり、
近所の人や子ども達と一緒に遊んだりと、
大人や子ども、
その人たちと知り合う中で、

「信頼できる人」

というのはどういう人か。
そして、
安心安全に暮らしていくために、
何かがあったら助けを呼ぶ人や場所、
それが自然とあったような気がします。
ただ現代では、

「道ですれ違った人とあいさつするな」

と子どもに言うほど、
近所にだれが住んでいるのか。
どんな人なのか。
それを知らない場合が多いのではないでしょうか。
そんな中で、

「信頼できる大人」

と出会うということは、
かなり難しいと言えます。

しかし、
人間は一人では生きていけません。
誰かと寄り添いながら生きる。
それが、必要なのです。
ドイツ人教育家のウテ・クレーマーさんが、

「たった一人でもいい、。
信頼できる人を見つけなさい。
それは両親、兄弟かもしれないし、
学校の先生や近所のおばさんかもしれない。
何かがあった時に、
苦しいこと、つらいこと、
楽しいことなどすべてを話せる人。
たった一人でいい。
そういう人が必要なのです」

この話を聞いたとき、
私は、
「自分自身が『信頼できる人』になるかもしれない。
そうなれるよう、
頑張ろう」
と思ったのを今でも覚えています。

保育のこと、
子育てのこと、
子どもの発達のことなど、
様々なことを対談の中で話させていただきました。

「こういう話が聞きたい!!」

という方がいればぜひ、
ご連絡ください!!

2017年1月28日、
西荻窪にある、
『APARECIDA』
で、
報告会ならぬ、
茶話会を行いました。

少ない人数で、
しかも、
全員がブラジル旅行経験者だったため、

「ブラジルあるある話」

で盛り上がりました。
井戸端会議のようで、
お店を昼から開けてもらい、
ただ、
話を楽しんだ会となりました。

もっとたくさんの方がきて、
お店に貢献できればよかったのに、
申し訳なかったです。
それでも、
治安、犯罪だけでなく、
旅行の際の交通機関、
今、ブラジルで流行っているものなど、
意見交換もでき、
本当に嬉かったです。

こんな私ですが、
これからもどうぞ、
よろしくお願いいたします!

このページのトップヘ