光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

カテゴリ: シュタイナー教育

先日、
突然メールで連絡があり、
私たちの活動を見学し、
もし時間が取れれば、
教師たちに対して講座を開くこともできる…という。
彼女自身のことは知らないが、
彼女の仕事、
それらをサイトで見ていたこともあり、

“あの人が直接話をしてくれるのならぜひ!!”

と、
教職員にも話をし、
急遽勉強会を開くこととなった。

テーマは、
『1年のリズムにおける、行事』

私たちは1年の中で、
その季節に応じて、
ブラジルは宗教的な祝日も多くあるため、
そういった祝祭など、
それらを取り入れ、
1年の活動計画を立て、
毎月の活動が決定されていく。
中には、
特に私にとって宗教的な祝祭に関しては、
深いところまで理解できていないことも多く、
それらに関しては、
担任教師に任せていることが多々ある。
そんな中での今回のMileneの訪問。
今までよく理解していなかった部分を補ってもらうべく、
私はこの勉強会を個人的にとても楽しみにしていた。

彼女の話は、
まず、
心と体、
そのバランスについてから始まった。
一見、テーマとはあまり関係なさそうな話。
しかし、
1年の流れ、
その中に位置する季節や行事について話している中で、

「なるほど。
だから導入部分で心と体の話をしたのか」

と、
納得することがたくさんあった。

子どもは保育園に通う1年の中で、
私たちが準備した環境を通して、
多くのことを学んでいく。
それは部屋の飾りつけや使う道具、
教師の立ち振る舞いだけではなく、
季節やその時の行事にも大きく左右されることがある。
ブラジルでは年度始まりが1月のため、
クリスマスを過ぎ、
正月を迎え、
カーニバルを終え、
もしくはその少し前に新学期が始まることとなる。
例えば、
カーニバルの前に新学期が始まるときと、
後に始まるとき。
これによって、
子どもの心の動きや、
周囲の環境は大きく異なる。
カーニバル前に新学期が始まるときは、
子どもはいつも以上に落ち着かず、
家族や周囲もカーニバルを迎えるために騒がしく、
とてもじゃないが、
何か活動を取り入れる状態にはならない。
そのため、
保育園内では、
できるだけ静かな環境の中で過ごせるよう、
教師は準備を進めていく。

今回の勉強会の中で、
自分の考え、感じていること。
自分の立場。
そして、
他人の考えや感じていること。
その立場。
一人一人異なっていることは当然あり、
それこそが人間の面白みともいえるのだが、
その中で、
自分の今の状態、
バランスを考えてみると、
「おっと、
これが足りなかった。」
「あつ、
ちょっと重すぎるかな」
など、
それができるかできないかで、
社会の中での生き方が大きく変わっていく。
そんなことを強く感じることができた。

バランスを取ること。

これは意識しないとできないことで、
簡単な時もあれば、
それを実践するのが難しいときもある。
でも、
一番大切なことは、
いつも自分に問いかけることではないか?
今回の学びは、
そのことであったように思う。
IMG-20170923-WA0000
20170922_163901

先日に引き続き、
もう少しこの日の体験の事を書きたいと思います。

私が選んだのは
「国語」の授業の導入です。
まず1年生として小学校に入学し、
初めに覚えるのは当たり前ながら、
“ひらがな”
です。
しかし、
この学校では、
“漢字”
から習い始めます。
というのも、
私たち日本人は、
漢字を変形させ、
ひらがなを作りだしたからです。
その中でも、
漢字を作りだした、
そのお話しに沿って、
風景と漢字ができるまでを書いていきます。
その後、
ひらがなへの導入が始まるのです。

単純に、
「確かに」
と納得した私。
そして、
「面白い」
と感じました。

シュタイナー教育では、
1〜9年生まで、
同じ先生が持ち上がり、
クラス替えはありません。
また、
その独特の教育方法から、
「鳥かごの中の小鳥」
のように、
あまりに守られすぎているため、
そこから現実社会に出ていくとき、
その子ども達は大丈夫なのだろうか?
と、
私自身懸念しています。
それでも、
もう卒業してしまいましたが、
9年生だった子どもの一言で、

「相手を受け入れる必要はない。
分かっているだけで十分だ」

世の中には十人十色と言われるように、
様々な人がいます。
中にはどうしても合わない人もいるでしょう。
でも、
その人となりをきちんと理解し、分かること。
それは、
大切だと思います。
その上で、
苦手な人や合わない人との距離を考えればいいのです。
完璧にその人を、
自分の中に受け入れる必要はないのです。

う〜ん。
すごく深いなぁ〜と思いました。
そして、
ここまで育っていれば、
現実社会に飛び出していっても、
自分なりに生きていく事ができるだろう。
とも感じました。

本当に面白い体験でした!!
また参加したいなぁ〜

因みに横浜シュタイナー学園のHPはこちら↓
https://yokohama-steiner.jp/

9月6日(土)、
「大人のための体験授業」に参加するため、
“横浜シュタイナー学園”
に行ってきました。

こうした講座に参加するのは、
実はすごく久しぶり。
今回は4つのコースがあり、
私は、
「Aコース文字の導入と手仕事」
に参加することにしました。

P9300295私が一番印象に残ったこと、
それは、
授業を始める前に
平均台やお手玉で遊び、
バランスを整えること。
実は、
カノアの保育園を卒園する子ども達に、
体や精神のバランスをみるため、
同じようなことを行います。

“小学校に行けるだけの体力や精神力が育っているか?”

それを見るのが一番の目的です。
しかし、
今回行ったのは、
家庭や登校時に受けた影響を整えるためのものだと言います。
授業を始める前にこうした事を行うこと、
それはとても大切なことだと、
感じました。
自由画を描かせると、
その日の子どもたちの状態を見ることができるというのは、
主に幼児期の子ども達ですが、
小学校低学年の子どもたちにも有効なのかもしれません。

こうしたことはぜひ、
カノアの学童教室でも取り入れていきたいですね。
さて、
体験授業の中身についてはまた次回・・・

12月11日。
サンパウロにある、
モンチ・アズールコミュニティー協会のRenateが
カノアに来てくれました。
彼女は別の仕事をフォルタレーザですませ、
バスに揺られて約4時間。
私たちのところまで来てくれたのです。
彼女は、
モンチ・アズールコミュニティー協会の保育園を創設した人であり、
現在では、
6歳以下の子ども達に対して、
政治提言を含めた活動を行っています。
また、
私個人にとっても彼女は特別な存在です。
というのも、
私が厳しい現実にぶつかった時、
真っ先に声をかけ、
大丈夫だと励まし、
どのようにしてくべきかを教えてくれた人だからです。
彼女の存在がなければ、
カノアでの活動は現在まで続けてこられなかったでしょう。
DSCF1635
さて、
彼女は子どもの発達、
それが与える影響、
遊びの大切さについて話してくれました。
母親たちも積極的に発言してくれ、
その質問に対しても、
丁寧に答えてくれました。
年度末ということもあり、
感じていた疑問や、
言いたかったこと、
伝えたかったことを心おきなく話せたことは、
みんなにとってとても良かったと思っています。
今後の課題となることもいくつか出されました。
私たちはこうした問題や課題に対し、
どんなことができるのか、
検討を重ね、
来年度実施に向けて準備していきたいと思っています。

サンパウロからやってきたRenate。
久しぶりに会えて本当に嬉しかった!!
そして、
彼女の存在の大きさに改めて気づかされ、
ぜひまた、
カノアに来てもらいたい。
そう強く感じました。

4月12日に東海大学で行った授業が、
東海大学のHPで紹介されています。
話したいことたくさん。
伝えたいことたくさん・・・
で、
時間が足りないと感じる程の授業でした。
http://www.u-tokai.ac.jp/TKDCMS/News/Detail.aspx?code=shonan&id=6192
私の尊敬する先生のひとり、
「宮地陽子」先生と一緒に登壇できたことは、
本当に嬉しかったです。
また今度、
こうやって一緒に思いを伝えられるといいですね。

9月29日は『聖ミカエル』の日です。
今年は一足先に、
今日、
子ども達の劇の発表を行いました。
M1180003

聖ミカエル祭は、
心の悪と戦う勇気を持ち、
自分自身が持つ光を見つける・・・
そんなメッセージが込められています。
子ども達には、
ドラゴンと戦い、
姫を助ける、
というストーリーの中で、
勇気を持つ大切さ、
誰にでも、
輝く光を持っているということを
お話や歌、劇を通じて伝えていきます。

この日、
家族を招いての発表会。
子ども達の姿はいつも以上に素敵でした。

最後にみんなに渡したメッセージを、
皆さんとも共有したいと思います。

"Temos que olhar para frente com absoluta enquanimidade para com tudo o que possa vir.
E temos que pensar que tudo o que vier nos sera dado por uma direcao mundial,
plena de sabedoria."
〜Rudolf Steiner

“私たちのもとにやってくる全ての物事に対して、確かな心を持ち、前を見つめていかなければならない。
そして、それら全てに対して、世界を見つめながら考えていく必要がある。
それが、確かな叡智なのである。”
〜ルドルフ・シュタイナー
※私の日本語訳なので、ご了承を・・・

講座「四つの気質を学ぶ」

新緑が美しい季節になりました。さわやかな風に吹かれ、暖かい太陽の熱に包まれ、大きく成長する植物に囲まれて、こどもたちも元気になって欲しい!そう願いながら、わたしたちは郊外の草原にやって来ました。外へ出たこどもたちの様子はまちまちです。
大きな木に向かってまっしぐらに走り出すこども! ぼーっと空を見上げるこども・・・  
うれしくて、うれしくてあちらこちらと跳び回るこども!  
そんなこどもたちをじーっと見つめ、動かないこども・・・
そしてまた、こどもたちの様子を見るわたしたちの反応もさまざまです。
「あぶないわよ、気をつけて!」と大声を出すあなた。「しようがないなあ」と笑いながら見ているあなた。
こどもたちと一緒に、キャッキャと声を出して走り回るあなた。こどもたちを注意深く見ているあなた。
このような違いはどこから生まれるのでしょうか?わたしたちの人格は、体質、気質、性質、素質、そして環境、学習など、多くの要素によって創られると言われます。
今回は子どもたちをより深く理解するための大きな手がかりとなる〈気質〉について学びましょう。
そして、子どもの成長に必要な手助けをいたしましょう。また〈気質〉を理解することによって、わたしたち自身を知り、それぞれに備えられた〈気質〉を活かして成就される課題と、〈気質〉がもたらす困難を克服することによって成就される課題を明確にいたしましょう。
それはまた他者を理解する力となり、他者と共に生きる力となるに違いありません。
そうすることによって、わたしたちはこれまで以上に確かな足取りで、
共に人生を歩むことができると確信しております。 ( 大村祐子 記)

■講座の内容
第1部 10:00〜12:00(受付9:30〜)
☆☆大村祐子さんのお話
・ 〈 気質〉とは何?
・ 四つの〈気質〉の特徴
・ 〈 気質〉の見極め方
・ それぞれの〈気質〉が持つ課題
・ 〈 気質〉の偏り
・ 〈 気質〉を調和させる方法

第2部 13:00〜15:00
☆☆中村豊信さんの水彩
四つの〈気質〉は、世界を構成している四つの要素、
すなわち〈地〉〈水〉〈火〉〈風〉の特質を持っています。
今回は、にじみ絵を描くことを通して
〈地〉〈水〉〈火〉〈風〉を体験いたしましょう。
それによって皆さまの〈気質〉の理解が
深められることと思います。

■日にち 平成24 年7 月1 日(日)
■参加費 午前2500円 午後2500円 (午前午後通し4000円)

■場所 国立オリンピック記念青少年総合センター カルチャー棟1階 工芸室
〒151-0052 東京都渋谷区代々木神園町3 番1 号
■アクセス 小田急線 参宮橋下車 徒歩7 分、地下鉄千代田線 代々木公園駅4 番出口 徒歩10 分 
京王バス 渋谷駅西口14 番より代々木5 丁目下車

■お申し込み
参加者氏名、住所、電話番号、携帯番号をご記入の上、FAXまたはホームページよりお申し込みください。
東京シュタイナーこどもの会
【FAX】 03-3304-8725
【ホームページURL】 http://www.t-steiner.net/

私も長らく掲載させていただいている、
関西発!アントロポゾフィー(人智学)を学ぶ人の交流誌
めたもるふぉーぜ199号の中から、
シュタイナーが学校をつくるに至った動機として引用されている、

「現代の生活において目立つのは、分裂した心の人間が多いことである。
人生においてなにかをはじめることができず、
『私は何をするべきか。人生にはどんな意味があるのか』
と、くりかえし問いつづける人である。
そのような人々はさまざまなことに手を出しながら、
満足できない。
このような問題のある人が、
ますます増えていく。
そのような人々が増えていくのは、
教育の欠如の結果なのである。」

を読んで、
あらためて考えさせられました。
100年以上が経ってもなお、
現代の生活の問題点は改善されていないのではないかと。

とても興味深いイベントが行われるようです。
友人から送られてきたのですが、
勝手に転送させていただきます(笑)

ご興味のある方はぜひ足を運んでみてください。

========(下記転送です)========
「色の語らい 100人展 VIII」
日時:2/25-30 10:00-18:00
(25日は15:00開場)
場所:大倉山記念館ギャラリー
アクセス:東横線大倉山駅下車徒歩7分
問合せ:irono_katarai@yahoo.co.jp
下記URLは昨年のお知らせページです。
http://izara.jugem.jp/?eid=52

大人のためのシュタイナー学校
自分の基礎を作るアートワーク3回講座 +4回講座

シュタイナー教育は、他の教育とは違い就学年齢だけの学びではなく、生涯教育です。
子供は、大人に向けての自由への教育を学ぶ訳ですが、それは生涯に渡って精神的に自立した大人になる為の学びを行う力をつける事にあるからです。
ですからむしろ大人(28歳以上)になってからの学びが必要であり、大人になった今でこそシュタイナー教育の学びは、自らの魂と精神の変化と進化の基となるものです。(アート初心者でも大丈夫です。)

日 時:2009年9月25日(金)
    10:00〜15:00(2コマ)
以降、10/30、11/27 12/18 1/22 2/12 3/19

メンタルアートダイナミックでは頭では理解できないことをします。あなたの身体はあなたの心に一番正直です。心のヨガ、アートワークでエクササイズを積んで、じぶん美人になりましょう。

講 師:江口一政
場 所:八王子周辺施設
参加費:¥6,000円/1日(午前1コマ、午後1コマ)
    + 講師交通費と会場諸経費は人数割り
申込先:spacelala@rd5.so-net.ne.jp
    090-5928-3027(松葉)
主 催:空と海☆アートワークセラピーの会
持ち物:クレヨン、パステル、画板

メンタルアート・ダイナミック(メンタル・トレーニング)
サポーティスト:江口一政
人智学系Dr.ハウシュカ理論ベースのアートセラピストによる
オリジナルトレーニングコースで学ぶ。心療内科のデイケア、大阪、
岡山の講座でトレーニングを実施。メンタルケア心理士。デザ
イナー。デザイン専門学校非常勤講師。日本グラフィックデザ
イナー協会、日本アントロポゾフィー協会の会員。

このページのトップヘ