光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

カテゴリ: 地域

ブラジルでは、
10月2日に市長、市議会議員選挙が行われます。
現在、
立候補者が出そろい、
選挙活動が開始されました。

ブラジルは、
18歳以上に選挙権があり、
選挙は国民の義務となっています。
投票できない場合には、
事前投票を行わないと、
生活を送るうえで、
様々な弊害が起こります。
例えば、
年金の受給には、
最終の投票実施証明書の提出が求められます。
これがないと、
受給を認められません。
パスポートの発行も、
この証明書の提出が義務付けられています。
その他にも、
公共の手続きに、
この証明書の提出を求められることがあります。
そのため、
皆、
投票に行きます。
ただ、
だれに投票していいのか分からない。
そんな人たちには、
賄賂が渡される…
ということも日常茶飯事です。
今回の選挙では、
こういった賄賂への規制が厳しくなったため、
以前ほどではないと言われていますが、
市議会議員は町といわず、
村々を回り、
有権者への挨拶、
チラシの配布などをします。
因みに今日も、
義父母の家には市議会議員の立候補者が談話に訪れていました。

さて、
私の住むアラカチ市では、
市長立候補者が4人います。
その内の3人が優勢なのですが、
誰を応援しているのか。
それによって、
昨日までの友人が今日の敵になってしまっています。
昨日まで普通に話していたのに、
応援しているのが自分と異なる人だとわかると、
背を向け、
ひどいときには口喧嘩にまで発展します。
この様子をはたから見ている私にとって、
この現状はとても悲しく、
個人と政治観念を分けることはできないのかと、
残念に思います。

友人であっても、
宗教が違ったり、
思考が異なることはよくあることで、
当たり前だと思います。
異なる一人の人間なのですから。
それが、
応援している市長候補が違うという理由だけで、
派閥で分かれるように、
口もきかないというのは、
私には理解できないことです。

投票が国民の義務である。
それが悪いことだとは言いません。
ただ、
友情が途絶えてしまうというのは、
あまりに悲しすぎます。
皆さん、
もっと冷静になりましょう!!

先日、
ダウンロード
「みんなの学校」という、
ドキュメンタリー映画を観に行ってきました。

http://minna-movie.com/index.php

泣いたり、
笑ったり、
考えさせられたり、
と、
本当に素晴らしい映画でした。

公立の小学校で、
ここまで地域を巻き込み、
子ども達を一緒に育てる。
おせっかいを通り越して、
それが自然となっている。
そんな地域と小学校。

生きずらい。
受け入れてもらえない。

そういう子どもは少なくありません。
そんな中でこの学校は、
全ての子どもを受け入れる。
周りがその子のために変わる。
その姿勢が徹底していてすごい!!
それが無理やりではなく、
子どもたち自身、
地域住民自身の中から自然と出てきている。

映画の中で校長先生が、
「100m泳げる子がいる。
泳げない子がいる。
泳げない子は頑張って、
浮けるようになった。
100mの子が泳げるからと今でも100mしか泳げない。
このときに私達はどう判断するか?
確かに100m泳げるということはすごい事ですが、
それ以上に、
泳げなかった子どもが“浮くことができた”事を評価してあげなければいけない。」

私達は一般論、
“普通”
という事を軸に物事を考えがちです。
でも、
何が普通で、当たり前なのか?
それは、
どこで決まるのか?

一人ひとりを見て、
その子一人ひとりを評価してあげられなければいけない。

この映画の中の子ども達は、
怒っても、
大変でも、
それでもいつも、
どこかで素敵な“笑顔”を見せてくれました。
子どもが心から笑える。
そんな学校、地域であること。

あるドイツ人の知人から言われた言葉で、

「たった一人でもいい。
人生の中で心から信頼できる人に出会えれば、
子ども達は自分自身で生きていける。
それは親でなくてもいい。
学校の先生でも、
地域のおばちゃんでも。
ただ、
一人でもそういう人と出会うことができるように、
私達は環境を作っていってあげなくては。」

ブラジルで保育園を設立し、
そこで働く教職員に、
この言葉を伝えました。
難しい家庭環境で育つ子どもでも、
あなた達がその“人”となり得るのだ、
ということを。

それをまさに、
目の当たりにした、
できるドキュメンタリー映画でした。
東京近郊での上映は:
3月21日からは横浜 シネマ・ジャック&ベティ(http://www.uplink.co.jp/movie/2015/36486
3月28日からは渋谷アップリンク(http://www.jackandbetty.net/

ぜひ足を運んでみてください!!
そして、
その際にはタオル(ハンカチでは足りません(笑))を持っていってくださいね!!

今年から、
なんと、
以前から念願だった

「サーフィン教室」

が発足されました。

誰の念願だったのか?

子どもたちはもちろん、
何よりも、
そんな子ども達を見ていた、
マルシアーノの念願でした。
DSCF6709
12月に入り、
知人から大きな支援、協力を得られることとなり、
子どもたちも今まで以上に楽しみにしています。
自然を大切にしながら、
その自然と共に生きる。
そして、
子ども達がスポーツを通して、
仲間意識を高め、
お互い切磋琢磨しながら、
将来のために生かしていってほしい。

まだまだ始まったばかりの教室。
ブラジル人のプロサーファーが世界一となった今、
それに続く子ども達がもしかしたら、
この村から出るかもしれない…
そんな思いを夢に、
応援していきたいと思います。
DSCF7281

2014年も終わりに近づいてきている今日この頃、
ブラジルでは、
年度末という事もあり、
学校関係者のみならず、
慌ただしい残りの日々が続いています。
今日、
同僚とコーヒーを飲みながら、

「来週の終業式が無事終わったら、
風邪でも引きそうな予感。
緊張感って、
病気さえも寄せ付けないから、
休暇になると、
体調崩すんだよねぇ〜」

と話しているほどです。

さて、
JICA草の根技術協力事業の三本柱の一つ、

“コミュニティーネットワークの創設”

今日、
2014年最後の会議がありました。
今年1年を振り返り、
どんなことがあり、
何が実現でき、
何ができなかったか。
そして、
来年に向けてどんな事ができるのか。
目の前の問題を見つめながら、
最後の話し合いがありました。
会議室を出たら何も起こらない、
変わらない。
そんなことを何度も経験している中、
このネットワークのグループは、
何かしらその解決に向けての活動を実行します。
それが完ぺきな解決方法でなくとも、
今ある現状を少しでもよくしていく。
その実行力にはいつも驚かされます。
ただ、
私達の力ではどうにもならない事もあり、
その時には局長や市長宛に嘆願書や要請書を提出します。
煮え切れない事もありますが、
この1年。
地域の力は少しずつ高まっているのではないか。
そんな気がしています。
2日前に誕生日を迎えた私のお祝いをしてくれた皆。
ほんとうにありがとう!!
そして、
来年もどうぞよろしくお願いします!!
DSCF6996

前回に引き続き、
今度は孔子の言葉から。

「子の曰く、
由よ、汝にこれを知ることを誨えんか。
これを知るをこれを知ると為し、
知らざるを知らざると為せ。
是れ知るなり。」
(先生がいわれた、
由よ、お前に知るということを教えようか。
知ったことは知ったこととし、
知らないことは知らないこととする。
それが知るといことだ。)

これは“知”の基本原理といえるものである。

私たちは、
自分自身の学びを
他者に伝えようという時、
まずはじめに、

「本当に自分が知っていることとはなんだろうか?」

を、
自分に問わなければならない。
知らないことを、
あたかも知っていることのように話しては、
絶対にいけないのである。

分かるようで、
分からないことなのかもしれないが、
まずは、
自分に問うことから始めよう。

最近、
原点に立ち返り、
見つめ直す必要を強く感じている。
人はいつか、
その状況に慣れてしまい、
ぬるま湯に使ったように、
学ぶことをしなくなってしまうからだ。
私自身もその一人だろう。
そんな中、出会った言葉がある。
ブラジルの教育家、パウロ・フレイレの大切な考え方である。

「すべての人は豊かな経験と知恵を持っている」
「しかしながら、人は、経験から学ぶことはできない」
「人は、経験を分析することを通して、学ぶことができる」

今まで生きてきた人生、
積んできた経験。
中身は違えど、
かけがえのないものばかりであろう。
更に一歩進むためには、
それを振り返り、
学びに変えなくてはならない。

まさしく、
今、
私に必要なことだろう。

10月25日は、アラカチ市の日です。
今年でなんと、170周年を迎えました。
この日は毎年、
学校の生徒がアラカチ市中心街で仮装行列を行います。
各学校ではこの日のためにテーマ設定、衣装の制作など、
かなり色々と頑張ります。
ただ、
いつも18時以降の開始のため、
全ての学校の仮装行列が終わるのは真夜中。
いつもながら、
学校行事なのだから、
もっと早い時間にやればいいのにと、
思うのですが・・・

そしてもう一つ。
この日を記念して、
学校では、
必ずアラカチ市の歴史や著名人の紹介などをまとめたレポートを提出させます。
我娘は2年生ですが、
(昨年は1年生だったためかレポート提出はありませんでした)
必ず含めるべく設問を取り入れ、
歴史を調べたのを書き出し、
絵を描き、
写真を貼り付け・・・など一苦労。
小学校でレポート提出だなんて。
まぁ、
娘は楽しそうに絵を書いていたのでいいのですが。。。

このレポートを作成するために色々と調べてみると、
アラカチ市というのはかなり古い歴史を持つ街だということがわかります。
まだポルトガルの統制時代、
ここは商業の拠点としてかなり栄えており、
今でもその時代の建築物が保存されていたりします。
いつもなら素通りしてしまう町並みですが、
こうやって少し勉強すると、
いつもと違って見えたりする。
面白いものですね。
またひとつ、
この街のことを学べたような気がします。

自宅近くの放射能汚染の状況がわかる地図の拡大機能がついたインターネットサイトを、
文部科学省は18日公開した。
東京電力福島第一原発事故による放射性物質の蓄積量などが、
1万2500分の1の大きさで見ることができる。

下記朝日新聞記事より
http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY201110180404.html

サイトはhttp://ramap.jaea.go.jp

3月11日に発生した「東日本大震災」により、多くの人命が失われ、いまだ、多くの方が避難を余儀なくされています。被災地域が広範にわたったほか、原子力発電所の事故がさらに大きな影響を及ぼすこととなりました。こうした未曾有の震災は、東北地方の被災地だけでなく、神奈川県内の外国人住民の生活環境にも大きな影響を及ぼしています。県内の外国人住民・コミュニティにどのような影響が生じているのかを各分野の専門家や実践者の方に報告していただき、今後の多文化共生の地域づくりの取組みについて参加者の皆さまとともに考えたいと思います。

日  時:2011年5月28日(土曜)
13時30分〜17時00分
場  所:神奈川韓国会館7階多目的ホール
(横浜駅西口徒歩5分)
http://www.mindan-kanagawa.com/hall/pdf/poster.pdf
主  催:財団法人かながわ国際交流財団(KIF)
対  象:一般 定員 100名
参加費:無料※
申込み方法:(1)氏名、(2)所属、(3)連絡先を明記の上、TEL、FAXまたはE-mailでお申込みください。(E-mailの件名は、「フォーラム」でお願いします)
TEL: 045-620-0011 FAX: 045-620-0025 E-mail: tabunka@k-i-a.or.jp
電話受付 8:30〜17:15(土日祝休み)

※(財)かながわ国際交流財団(KIF)は、本年4月、本部事務所を横浜駅西口に移し、「多文化共生・NGO協働推進センター」を開設しました。フォーラム終了後、KIFの新たな取組みもご紹介させていただきます。

今回は全くブラジルとは関係ない話題なのですが…

昔からよく、
時間があると、
自転車で行っていた動物園。
小学校の時の遠足でも行きました。
娘が生まれ、
日本に一時帰国するたび、
訪れたりします。

小さな動物園ですが、
こういうのが近所にあるって、
なかなかいいと思いませんか?

まぁ、
カノアでは
動物園がなくとも
牛やら山羊やらがそのへんを歩いていますが(笑)

=====(下記転送)=====

kng1009141105001-n1来て見て触れて…川崎市夢見ケ崎動物公園で20日に「秋の動物園まつり


川崎市夢見ケ崎動物公園で、シマウマなどと触れあえる「秋の動物園まつり」が20日に開催される 川崎市夢見ケ崎動物公園(幸区)で「秋の動物園まつり」が、20日に開催される。普段よりも近い距離で動物に触れることができるイベントとして人気を集めており、10回目を迎える。

 当日は午前10時半から、ヤギやシマウマに餌を与える「動物もぐもぐタイム」(今年3月)が実施されるほか、ウサギなどと遊べるコーナーなども設けられる。

 入場無料で、午前10時

このページのトップヘ