光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

カテゴリ: 人材育成

2010年。
私が活動するここカノアに、
3人の学生がやってきました。
彼女たちは自分たちでプロジェクトを立案し、
それを実現させるためにやってきたのです。

エステーヴァン村は、
小さな漁村です。
と言っても現在は既に、
漁師として働いている人は3割にも満たなくなっています。
そしてもっと深刻なのは、
漁師の要、
漁船です。
この村では伝統的に
“Jangada(ジャンガーダ)”
という帆船で漁に出るのですが、
この村にはもう、
3人しかこの“Jangada”を造れる人がいなくなっているのです。
今後高齢化が進む中、
少しでも若者たちにこの伝統文化を継承させたい。
彼女たちはこの帆船、
「Jangadaの作り方の継承」
というプロジェクトを実施しました。

結果は散々でした。
始めは面白半分で集まってきていた若者たちも、
「俺の背中を見て学べ!」
スタイルに反発し、
次第に意欲を失くし、
最後には1名残るかどうかといった具合でした。

『このプロジェクトはこの村に本当に必要だったのだろうか?』

それが彼女たちが持った、
最終的な大きな疑問でした。

それでも1艘の帆船が完成し、
“KAZE(風)”
と名付けられ、
若者の一人がその船を受け取ることとなりました。

その船。
受け取った若者が今でも自分で修理をしながら、
漁に出、
Regataという、
帆船のレースにも毎年出ています。

今日、
この帆船のレースがあったのですが、
私の横で見ていた若者たちがこんなことを言っていました。

「あいつは強いよなぁ〜。
だって、自分の船を自分で整備できるんだから。
やっぱり作れる腕があると、
漁に出てても、
レースに出てても、
船が自分の一部のように走る。」

私は以前、
自問しながら、
自信の活動を継続すべきかどうか、
悩んだことがありました。

『20人の子どもが卒園して、
そのうちの2人が麻薬の売人になる。
私のやっていることの意味はあるのだろうか?』

その時ある人がこう助言してくれました。
「20人の内、
1人でも、2人でもいい。
自分の道を見つけ、
歩んでいくことができるようになっているのなら、
あなたのやっている意味は大きい。」

今日、
若者たちの言葉を聞きながら、
ふと思ったのです。

あの時、
私たちはプロジェクトが失敗したと感じ、
もっと村のためになることがあったのではないかと、
反省しました。
しかし、
本当にそうなのだろうか?
あの時にプロジェクトをやったことで、
1人の若者が船を持ち、
漁に出、
レースで勝負し、
自分で船を直す技術を身に付けた。
それは彼の人生をより豊かなものにすることができた。
そう考えると、
あの時のプロジェクトがあったことに、
感謝すべきなのではないか…と。
20171001_114622

私達がカノアで保育園を立ち上げたとき、
エヴァさんといつも言っていたことは、

「私達はいつなんどき、
ここを離れる事になるかもしれない。
だからこそ、
この村の人を育て、
運営から全てを担ってもらえるようにならないと。」

人を育てるということは、
言うだけならば、
簡単です。
いくら熱意や意志があっても、
それぞれが違う人間であり、
だからこそ、
それを見極めることは、
本当に難しい。
でも、
一人では到底できないことでも、
それぞれが力を合わせて取り組めば、
可能となり得る。
それを信じ、
伸ばしていくことができなければ意味がない。
そう信じて活動しているけど、
上手くいったり、
いかなかったりを繰り返しながら、
既に十数年。

FacebookのCOO(最高執行責任者)シェリル・サンドバーグ氏が、
2012年にハーバードビジネススクールで行った卒業スピーチで、
こんなことを言っていました。

「これから入るビジネスの世界で、皆さんは自分の持つ学位や自分の人格に頼ってはなりません。自分の知っていることに頼るのです。皆さんの強みは書類ではわかりません、皆さんの強みは、人との信頼関係と尊敬を得ることから来るのです。これから才能、スキル、想像力、そしてビジョンが必要とされますが、何よりも一番大切なのは、心から本当の意味でのコミュニケーションを取ることです。周りの皆を刺激する話ができると同時に、周りの皆の話をきちんと聞くことができる人になることが大切です。」

私達が乳幼児期に重きをおき、
活動するには、

「"基礎(土台)"を作ってあげたい。」

という気持ちが強くあるからです。

"人との信頼関係と尊敬を得ること"

それができる、
"場(環境)作り"を
これからも積極的に行っていきたい。
それを胸に、
努めていきたいです。

前回に引き続き、
今度は孔子の言葉から。

「子の曰く、
由よ、汝にこれを知ることを誨えんか。
これを知るをこれを知ると為し、
知らざるを知らざると為せ。
是れ知るなり。」
(先生がいわれた、
由よ、お前に知るということを教えようか。
知ったことは知ったこととし、
知らないことは知らないこととする。
それが知るといことだ。)

これは“知”の基本原理といえるものである。

私たちは、
自分自身の学びを
他者に伝えようという時、
まずはじめに、

「本当に自分が知っていることとはなんだろうか?」

を、
自分に問わなければならない。
知らないことを、
あたかも知っていることのように話しては、
絶対にいけないのである。

分かるようで、
分からないことなのかもしれないが、
まずは、
自分に問うことから始めよう。

最近、
原点に立ち返り、
見つめ直す必要を強く感じている。
人はいつか、
その状況に慣れてしまい、
ぬるま湯に使ったように、
学ぶことをしなくなってしまうからだ。
私自身もその一人だろう。
そんな中、出会った言葉がある。
ブラジルの教育家、パウロ・フレイレの大切な考え方である。

「すべての人は豊かな経験と知恵を持っている」
「しかしながら、人は、経験から学ぶことはできない」
「人は、経験を分析することを通して、学ぶことができる」

今まで生きてきた人生、
積んできた経験。
中身は違えど、
かけがえのないものばかりであろう。
更に一歩進むためには、
それを振り返り、
学びに変えなくてはならない。

まさしく、
今、
私に必要なことだろう。

私たちの団体の“理念”は、
「子どもが自ら自分の将来を選択していくための「生きる力」を持てるように支援する」
とあります。

ではいったい、
「生きる力」とはなんなのでしょうか?

そのカギとして、
私達は現地において、
「ライフスキル」教育を取り入れていこうと考えています。

そんな中、
“キャリア教育”の目的が、
「子どもたちが自分らしい人生を選択して生きる、
その能力や態度を育てること」
であることを知りました。

キャリア教育という言葉から連想される目的は、
私の中で、
私たちの活動とは相反するような気がしていたので、
驚いてしまいました。

現在、
キャリア教育の中で、
_歛蟆魴菁塾
⊃祐峇愀厳狙能力
この二つの基本的能力を重点的に行おうとしているそうです。

こんなところにも、
ヒントとなるような活動があることを知り、
驚くと同時に、
嬉しい気持ちでいっぱいです。
私もキャリア教育について、
少し勉強する必要があるかもしれないですね。

DSCF2222
エステーヴァン村には、
3年ほど前より青少年グループがあり、
紆余曲折を経て、
今もなお、
活動を続けています。
一時期は停止していたこともあるのですが、
現在、

“土曜日祭り”

と題し、
毎月一回、
土曜日にお祭りを開催しています。
5月は母の日のイベントを開催し、
6月はFesta Juninaを開催予定。

些細なことで言い合いになったり、
怒鳴りあいになったり…
それでも、
毎週集まり、
話をする。
やるときは、
みんなで力を合わせる。
若さゆえの試練や苦悩もありますが、
彼ら自身が企画して行うことの大切さ、
それを支えていきたいと思っています。


※かながわ民際協力基金の助成を受け、実施しています。

8bdf2138.jpg今回もモンチ・アズールコミュニティー協会から
パウロ氏を招へいして、
木工の講座を開催してもらいました。
木工細工、
教育玩具を経て、
現在は家具に挑戦している青少年たち。
主に製作しているのは椅子。
実際に注文を受け、
それを製作するに至っている彼らの工房で、
現地にあった作品作り、
そして、
工房として成り立たせるための
製品数の確保のための
量産性、
経営学
を含めた指導が行われました。
森に行き、
家具に使用できそうな木材を探したりと、
積極的な作品作りに取り組む彼ら。
この地域で初めて、
木材を使用した工房を持ち、
それが職業として成り立つことを
証明してくれています。
一人でも多くの青少年が
この新しい職業によって、
より良い人生を送ることができることを願うばかりです。

※この事業は日本郵政公社「国際ボランティア貯金」の助成を受けて行われています。

34daeaf4.jpg私たちは
何気なく暮らしていると、
そのまま一日が過ぎてしまう。
でも、
立ち止まって考え始めると、
些細なことまでもが気になる。
そんなことってありませんか?

エステーヴァン村の青少年たちにとって、
自分たちのルーツというのは
意外にもみんな知っているもの。
でも、
そこまで足を運び、
実際に話を聞くということは
ただ“知っている”ということとはまた違う、
新しい発見があるもの。
彼女たちは海岸沿いを歩き、
自分たちの原点を知る旅に出かけました。

76年前、
ある一家がここにたどり着いた。
その足取りを
彼女たちは追ってみました。
海岸も数年前とは全く異なるだけに、
80年近く前を想像することは困難ですが、
それでも、
参加した一人一人、
思うところはあったようです。

原点を探し求める旅。

人はいつしか、
そんな旅に出るもの。
出てほしい。
そう思う私なのです。

961f1cc7.jpg昨年の2月。
私たちは一つの可能性を
この村で発掘しました。
正確には
一つではなく“一人”です。

彼は手先が器用で、
もともとモノ作りが好きでした。
私たちが木工細工の講座を開催したところ、
彼の才能は花開き、
講師としてきていた
モンチ・アズールのパウロは

「可能なら、
彼を最低一ヶ月、
モンチ・アズールで研修させてみないか?
もっといろいろなことを体験して、
学ばせてみたいんだよ」

同じころ、
村のためにと寄付を受けていた私たちは
その支援金を彼の
“国内留学費用”
に使用することにしました。

それから一年。
また講座が開催され、
彼はアシスタントとして参加。
自身もたくさんの作品を作り、
昨年から週に一度、
子どもたちのために木工教室を開いています。
そして今回、
私たちは彼の才能をもっと伸ばしてあげたいと、
家具などのデザイン、設計を学ぶための
学校を探しています。

一つの花が、
開いたとき、
そこからいくつもの
芽が育つこともある。
私たちはそんな可能性に
嬉しさを隠せませんでした。

1d6f74e0.jpg改めて、
私がここカノアにいる理由、
その存在がゆえに
私自身が
この村に
どんな影響を与え、
与えられてきたのか。
そんなことを
考える機会がありました。

カノアは大自然に囲まれているだけあり、
ここに来た多くのボランティアは
自分自身を振り返り、
人生を振り返り、
将来について
考えることが多いようです。
海を見ながら、
砂丘にのぼりながら、
夕日を眺めながら…

今まで立ち止まって考えたことのなかった
そんな一つ一つのことを
考えさせてくれる。
それによって、
その後の人生がどう左右されるのか。
それは個人の問題かもしれないけど、
私たちがこの村にいるということで
人生観が変わり、
地域への取り組み方も変わり、
将来の夢を持つことができた
子ども、
青少年、
大人というのも少なくありません。

だからこそ、
この国際交流から生まれることを
真剣に受け止め、
今後の活動に生かしていきたいと思っています。

これからも皆さん、
応援よろしくお願いします!!!

このページのトップヘ