光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

カテゴリ: 保健・医療

2017年8月2〜4日の3日間、
慶応義塾大学医学部国際医学研究会の活動が、
Pedregal地域の学校で行われました。
サンパウロの眼科医、歯科医と研修生、
そして、
アラカチ市の大学、
FVJ(ヴァリ・ド・ジャグアリビ大学)の看護学部の学生、
アラカチ市保健局から看護師、医師、歯科医他、
皆さんの協力を得て実施されたこの活動。
毎年恒例となっているものの、
受け入れ体制が異なっていることもあり、
初日はいつもドキドキしてしまいます。

新学期始まってすぐの活動だったのですが、
学校関係者の素晴らしい対応と協力のおかげで、
予定されていた活動をすべて実施するができました。

全校生徒を対象にした今回の活動。
とにかく、
できる限りスムーズにすべての工程を行うために、
試行錯誤を重ね、
1日目の午後にはそれぞれの担当が自分のやりやすい方法をきちんと導き出せていたような気がします。

3日目。
初日にどうしても検査をしないと拒否を続けていた生徒に、
教師と一緒に話しかけていました。
彼は14歳。
出産時に水頭症を患っており、
知能障害、
視力の低下が認められていました。
右目は既に失明。
左目は視力が残り40%という状態。
せっかく眼科医もいるので、
ぜひ検査してほしいところ、
なかなか部屋に入ってくれません。
何とか教師が付き添いながら検査を開始。
最後の眼科医との診察の中で、

「先日母と眼鏡屋さんにいるお医者さんに行きました。
そこでお医者さんは、
“右目は失明、
左目もこのままでは失明する。
右目は眼球を取り出す手術をする必要があり、
スポーツなどの活動も控えた方がいい。”
と言いました。
母は泣いてしまいました。
だから僕は検査をしたくなかった。
これ以上傷つきたくなかった。」

と話しました。
それを聞いた私の友人でもある眼科医は、

「右目は失明し、
左目の視力は約40%。
それは間違っていないけど、
今の状態であれば、
左目の視力が失明まで至る危険はないだろう。
眼球の手術も、
痛みなどを伴っていないのであれば、
する必要はない。
スポーツや遊び、
自分の好きなことはどんどんやっていいよ。
だって、
今だって走ったり、
遊んだりできているんだろう?
もし必要なら、
明日お母さんを連れておいで。
直接話をしてあげるから。
必要な時はいつでも連絡して。
来年もまた、
ここに戻ってくるから。」

と語りかけました。
それを聞いた生徒は今まで見たこともないような笑顔を見せ、
本当にうれしそうに、
部屋を出ていきました。

1年に一度。
活動の一部は市の保健局が引き継ぎますが、
眼科医のこうした診察は、
この地域では貴重なもの。
私たちがこの活動を実施する意義を、
感じた瞬間でした。

関わってくれている皆さん、
本当にありがとうございます。
そしてまた来年、
お待ちしています!!
20170802_152648
20170802_145932
IMG-20170802-WA0005

2年前、
全世界で話題となり、
ブラジルでは妊産婦を中心に対策が取られ、
その後も新生児ケアで大問題となった、
“ジカ熱”。

先日収束宣言が出されたこのジカ熱。
しかし、
引き続き蚊を媒介とした病気が後を絶たず、
現在大きな問題となっているのは、
“チクングニア熱”

昨日アラカチ市保健局の職員と話したところ、
今週、
アラカチからフォルタレーザ(州都)に送られた、
2名のチクングニア熱患者が、
脳障害があることが分かったとのこと。
どのような経緯で重症化していくのかなど、
未だ分からないことが多い中、
患者は増える一方。
そして、
特に高齢者は重症化すると死亡する例も出てきているとのこと。

ただ、
黄熱病のように予防接種はできないので、
とにかく、
蚊に刺されないようにする。
それだけが唯一できること。

デング熱に3回もかかった私。
他人ごとではないので、
蚊対策、
きちんとしなければ…

<チクングニア熱とは?※Wikipediaより抜粋:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%AF%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%8B%E3%82%A2%E7%86%B1
チクングニア熱(チクングニアねつ、Chikungunya fever、CHIKV)は、ネッタイシマカ、ヒトスジシマカなどにより媒介されるウイルス性の伝染病。おなじく蚊媒介性のデング熱やウエストナイル熱と症状が類似している。日本では感染症法に基づく4類感染症および検疫法に基づく検疫感染症に指定されている。
2日から長くても2週間程度の潜伏期間の後に、40℃に達する高熱と斑状丘疹があり、関節が激しく痛む。他に頭痛や結膜炎、羞明(眩しがること)などを伴うことがある。発熱は2日ほど続き急に終息するが、関節痛、頭痛、不眠、全身疲労などは5日から7日ほど継続する。[1] 関節痛は年齢にも依るが2年ほど続くこともある

先日、
親子3人、
"黄熱病"の予防接種に行ってきました。
私は15年くらい前に一度、
受けたことがあったのですが、
イエローカードが無かったため、
再接種です。

近年、
ブラジルでは
"蚊"
を媒介にした病気が流行っています。
まだ皆さんの記憶にもあるだろう、
『ジカウィルス』
世界中に蔓延し、
その予防として、
まだ予防接種がないことから、
蚊除け対策を徹底する、
という、
原始的な方法がとられていました。
また、
近隣諸国では、
"黄熱病"
が流行り、
可能であれば、
予防接種を受けた方がいいという、
専門家の知人の言葉を受け、
今回の接種となりました。

横浜市では、
横浜市検疫所でのみ、
接種ができ、
完全予約制。
しかも、
毎週水曜日の13時からのみ…
ということで、
娘達は学校を早退し、
受けにいきました。

これからブラジル、
南米に行く予定の皆さん、
まだ一度も受けていないうであれば、
ぜひ、
黄熱病の予防接種を受けることを、
おすすめします。

2013年以来、
3年ぶりに、
「慶應義塾大学医学部国際医学研究会(IMA)」の皆さんがアラカチに来てくださいました。
3年前の2013年。
アラカチ市ペドレガウ地区で実施された、
IMAによる3年間の学童健診が高く評価され、
こうした活動をアラカチ市にある全ての学校で実施していこうと、

”Saude da Escola”

というプログラムがスタートしました。
それ以来毎年、
アラカチ市保健局と教育局が協力し、
学校内における、
身長、体重の測定及び歯科検診を実施してきました。
基本的には年2回、前期と後期に1回ずつ健診が行われることになっています。
ただ、
学校によってその実施状況は異なっているようで、
学童検診のパイオニアであるペドレガウ地区の学校では、
歯科検診は毎月実施されているとのこと。
これは、
学校と地域保健所との協力関係の有無、
連携がうまくいっているかどうかで大きく異なってきているようです。
それでも、
こうして種をまいた活動が実際に花を咲かせているのを見るのは本当にうれしいことです。

さて、
今回は長期休暇中だったこともあり、
健診をする子ども達には任意で学校に来てもらう必要があり、
全校生徒600人を抱える学校の内、
3日間でいったい何人が来てくれるのか。
未知数の中での活動でした。
結果、
150人弱の参加となりました。
目標は200人だったため、
残念ながら目標達成とはいきませんでしたが、
来年度も活動の実施を予定していることもあり、
学校実施期間中に実践できることを強く望んでいます。

今回は眼科検診を中心に実施されたのですが、
アラカチ市立病院の眼科医診療が1ヶ月1回のみということもあり、
子どもだけでなく、
大人の診療も強く求められましたが、
残念ながら機材が子ども用だったため、
大人への実施をあきらめざるを得ませんでした。

近年のアラカチ市の現状として、
各家庭にパソコンがあるという状況ではないですが、
携帯電話の急激な普及により、
大人だけでなく、
子ども達のスマートフォン使用が近年目立つようになってきました。
これから3、5年後を考えると、
今日本が抱えている、スマホ老眼といった、
目の病気が増える可能性がります。

今回の活動を経て、
また新しい視点から色々なことを考えることができ、
とても充実した日々を過ごすことができました。
IMAの皆さんはこれから約1か月間、
ブラジル国内で様々な活動に従事されます。
体調に気をつけて、
多くの人たちに笑顔を届けてほしいと願っています。
IMG-20160721-WA0018

"笑う"
ということは、
日々の生活の中でも大切だと感じています。
自分自身がストレスを抱えないためにも大事ですし、
子育てや介護をしている人にとっては、
もっと重要な要素があるかもしれません。
子どもと一緒に笑う。
楽しむ。
そうすることで、
お互いに余裕を持って過ごせるし、
虐待などを防ぐことができるのではないかと、
信じています。

今回、
笑うことが『脳卒中』になる可能性が減る、
という結果が出たらしい。
やはり、
最低でも一日一回は笑えるような生活を
志すとよいのかも!?

http://www.yomiuri.co.jp/science/20160315-OYT1T50128.html

先週から娘達の学校では、
インフルエンザが流行していて、
違う学年では、
学級閉鎖になっている程。
実は我が家、
今までインフルエンザにかかった人は
一人もいませんでした。
長女は5年生。
先週は唯一インフルエンザが一人もいない学年でした。
が、
今日、
学校から連絡があり、
長女が熱で保健室にいるとのこと。
他にも同じクラスの友達が熱で早退…
もしかしたら…
と、
病院に行くと、
見事にインフルエンザA型であることが判明。
我が家のインフルエンザ第1号となったのでした。
今週一杯は学校をお休みすることとなった娘。
部屋に隔離ということで、
既に暇をもて余しています(笑)

今週末から来週にかけては、
『カーニバル週間』
となり、
多くの観光客が訪れるブラジルですが、
犯罪だけでなく、
今、
大きな問題は、
蚊を媒介にした病気、

“ジッカ熱”

です。
今夏にはオリンピックを控えていることから、
政府も対策には乗り出しているようですが、

http://www.sankei.com/world/news/160131/wor1601310027-n1.html

なんとも後手後手に回っている感が否めません。
しかも、
妊婦が感染すると、
小頭症の赤ちゃんが生まれるという報告があり、
私たちが活動する北東部に位置する、
ペルナンブッコ州では、
わずか数ヶ月で1000以上の症例が見つかったと発表されました。

http://jp.reuters.com/article/health-zika-brazil-idJPKCN0V902H

これからブラジルに渡航する予定の方、
黄熱病やマラリアの予防接種をすることや、
蚊対策をする事をお勧めします。
私自身もそうですが、
虫よけは、
自分の肌に合ったものを持っていくといいですよ。

おたふく風邪。
私も子どもの頃にかかりました。
当たり前のような子どもの病気として知られていますが、
大人になってからなると、
重篤になる場合が多いというのも、
皆さん知っているかも知れません。
大人になってから重篤になる病気は意外にたくさんあるんですよね。

今、
おたふく風邪が流行傾向にあるようなので、
かかったことがない、
予防接種を受けていない、
もしくは受けたか分からない人は、
抗体検査ができるそうなので、
やってみた方がいいかも!?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160129-00010001-yomidr-hlth

皆さん、
寒い日が続いていますが、
体の調子はいかがでしょうか?

次女がおととい、
クラスの仲の良いお友達こインフルエンザになり、
学校を休んでいると話していたら、
今日、
新聞にも
「インフルエンザ県内全域注意報」
の文字が…↓
http://www.yomiuri.co.jp/local/kanagawa/news/20160128-OYTNT50350.html

雪が降るかも!?
といわれている今週末。
体調管理には気をつけたいですね。

私は今年度より、
セアラ州アラカチ市の
「保健医療委員会」
のメンバーとして参加しています。

今日、
その会合では、
2014年度のアラカチ市内の保健医療に関する報告がありました。

“アラカチ市民の内11%が65歳以上である。”

ということから始まり、
市民病院での医療件数や市内の緊急搬送、
症例報告や死亡率など、
様々な報告がありました。
気になった事はいくつかあるのですが、
今回は

“自然分娩”

について。

昨年度、
アラカチ市内で実施された出産の内、
約25〜30%が帝王切開でした。
持病がある、
骨盤形成の関係で自然分娩できない、
妊娠期にハイリスクと診断された、
など、
自然分娩が困難である場合を除いても、
妊婦、
もしくは、
同伴者が
“帝王切開”
を望むケースが増えてきていると、
現場の看護師達は言います。

15年ほど前まで、
私が住むこの小さな村にも、
お産婆さんがいました。
そして、
ほぼ全ての人は、
自宅での自然分娩でした。

医療が発達し、
病院で出産することが通常となり、
市内にあるたった一つの産院はいつも満員。
出産を待つ…というより、
機械的に出産を行う…
それが正しい表現であると言わざるを得ない程、
帝王切開による出産が増えていきました。

そこには、
妊産婦の意思というよりも、
医師不足、
ベット数の不足など、
外部の条件により、
帝王切開となるケースが多くあります。

1995〜2000年にかけて、
ブラジルでは自然分娩に関する大きな動きがあり、
助産師が認知されるようになりました。
2001年からは、
毎年のように国際的な学会がブラジルで開催されるようになるなど、
意識が大きく変わってきている、
それがひしひしと伝わってきていました。
しかしここ数年、
一時の波は薄れ、
残念ながら再び帝王切開による出産が増加し始めているようです。

2015年1〜3月までの3ヵ月間、
アラカチ市内で行われたお産は91例。
その内の70例が帝王切開でした。
この数字には、
正直驚きが隠せません。

妊婦検診の強化。
妊婦を対象とした母乳育児推進講座の実施。

素晴らしい取り組みもあります。
が、
それ以上に、
課題が多くある。
そう実感させられました。

このページのトップヘ