光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

カテゴリ: 保健・医療

私は今年度より、
セアラ州アラカチ市の
「保健医療委員会」
のメンバーとして参加しています。

今日、
その会合では、
2014年度のアラカチ市内の保健医療に関する報告がありました。

“アラカチ市民の内11%が65歳以上である。”

ということから始まり、
市民病院での医療件数や市内の緊急搬送、
症例報告や死亡率など、
様々な報告がありました。
気になった事はいくつかあるのですが、
今回は

“自然分娩”

について。

昨年度、
アラカチ市内で実施された出産の内、
約25〜30%が帝王切開でした。
持病がある、
骨盤形成の関係で自然分娩できない、
妊娠期にハイリスクと診断された、
など、
自然分娩が困難である場合を除いても、
妊婦、
もしくは、
同伴者が
“帝王切開”
を望むケースが増えてきていると、
現場の看護師達は言います。

15年ほど前まで、
私が住むこの小さな村にも、
お産婆さんがいました。
そして、
ほぼ全ての人は、
自宅での自然分娩でした。

医療が発達し、
病院で出産することが通常となり、
市内にあるたった一つの産院はいつも満員。
出産を待つ…というより、
機械的に出産を行う…
それが正しい表現であると言わざるを得ない程、
帝王切開による出産が増えていきました。

そこには、
妊産婦の意思というよりも、
医師不足、
ベット数の不足など、
外部の条件により、
帝王切開となるケースが多くあります。

1995〜2000年にかけて、
ブラジルでは自然分娩に関する大きな動きがあり、
助産師が認知されるようになりました。
2001年からは、
毎年のように国際的な学会がブラジルで開催されるようになるなど、
意識が大きく変わってきている、
それがひしひしと伝わってきていました。
しかしここ数年、
一時の波は薄れ、
残念ながら再び帝王切開による出産が増加し始めているようです。

2015年1〜3月までの3ヵ月間、
アラカチ市内で行われたお産は91例。
その内の70例が帝王切開でした。
この数字には、
正直驚きが隠せません。

妊婦検診の強化。
妊婦を対象とした母乳育児推進講座の実施。

素晴らしい取り組みもあります。
が、
それ以上に、
課題が多くある。
そう実感させられました。

今回日本に一時帰国し、
突然の腰痛に見舞われました。
しかも、
数日で直ってしまいます。
ぎっくり腰にしては思い当たる事もないし、
数日で直ってしまうというのが気になり、
今週初め、
先週からまた腰痛を感じていた事もあり、
整形にいってきました。

腰や背骨の骨や、
筋肉の状態を見てもらいましたが、
至って正常。
きれいなものでした(笑)
先生の説明から、
腰痛というのは内臓や女性であれば子宮や卵巣、
生理不順などからも起こる可能性もあるということで、
もともと生理痛を感じたことが全くない私には、
何が原因か、
さっぱり。
ただ、

「腰痛の始まりと終わり。
この時期がポイントなので、
注意して観察してみてください。」

と言われ、
自宅に戻りました。

そこでふと気付いたことが一つ。
実は腰痛になっていた時、
ちょうど排卵時期にあたっていたのです!!
もしかしてこれが原因かも???
と思い、
腰痛と排卵時期で調べてみると・・・

“排卵の前後になると、
分泌されるホルモンが子宮や卵巣に働きかけますが、
これは体のほかの部分にも影響を及ぼします。
特に骨盤周りの組織に与える影響が大きく、
そのために骨盤の位置関係に変化が生じるために腰痛を引き起こしていることが挙げられます。
骨盤の位置関係が変化することで痛みを感じる度合いなどは相当な個人差があるため、
中には全く腰痛にならない人もいれば激しい腰痛で動くことさえままならないという人もいます。
特に出産を経験している人に多く腰痛の症状を訴える人が多い”

という記述を発見。

なるほど!!
もう2、3ヶ月観察して、
間違いないようであれば、
これが原因かも!?です。

私の場合、
動けない程…ということはなく、
起き上がれるし、
歩けるし、
日常生活には何の問題もなく、
ただ、

「なんだか腰が痛いなぁ〜」

程度なので、
大したことはないかもしれないですが、
夏あたりには一度、
婦人科を受診してみようかと考えている私です。
人間の体って、
すごいですね。
おもしろいですね・・・

私は基本的、
自分自身も、
娘たちも、
医療機関には日本にいるときに行くことにしています。
緊急の場合は別ですが・・・
というのも、
ブラジルではまず、
医師が不足していて、
必要や時に、
必要な専門機関にかかることが難しい。
私のように、
住居が都市部ではない場合は特に・・・

ブラジルは基本的に教育・医療は無償となっています。
が、
資金が不足していることもあり、
教育も、
医療も、
経済的に余裕のある人は必ずと言っていいほど、
学校は私立、
病院は個人クリニック(もしくは総合病院)に通っています。

だから、
日本滞在中に必ず行く場所の中に、
「病院」
があります。
特にかかりつけの小児科医や小児歯科医には、
本当にお世話になっています。

先日は医者に行ってとき、
娘は歯の大きさの割に口が小さく、
ただいま八重歯が気になっているところ。

「鼻呼吸やトレーニングによって少し良くなるかもしれませんよ」

主治歯科医の先生が言ってくれ、
自宅でもできるようにと指導してくれています。

こういったところは、
さすが日本。
本当に助かります。
虫歯を治すだけではない。
歯磨き指導だけではない。
それ以上の指導をしてくれる。
本当に助かっています。
DSCF0068
数ヶ月の日本滞在。
どうぞよろしくお願いします!!

10月16日(水)、
FVJ(アラカチ市内にある唯一の大学)にて、
現在、
特別講師として日本から来ていらっしゃる、
三浦左千夫先生のセミナーが開催されました。
三浦先生は、
熱帯寄生虫学の専門家で、
特に、
シャーガス病について研究されています。
日本では現在、
中南米からの移住者により、
今まで存在しなかったシャーガス病が
国内で発見されるようになり、

『なんて無駄な研究をしているんだ!!』

といわれていた、
こうした研究が、
そして、
研究者がとても重要となってきています。
日本でも数少ない研究者である、
三浦先生のお話を、
今日は間近に聞くことができました。
DSCF0720
そこで感じたこと。
どんな病気も、
私たちの公衆衛生に対する取り組みが、
とても大きな鍵となるのだということ。
手洗い、うがい。
食材の水洗い、
水の消毒。
動物を介する病気であっても、
私たちがまず先にすべきことは、
周囲の環境を衛生的に保つこと。
それはもちろん、
自分自身も含めて。
そのための教育が、
とても重要であるということでした。
DSCF0721
上下水道がきちんと整備されていない、
私たちが住むこの地域。
だからこそ、
私たち自身ができることを、
一人ひとりが行っていく。
それがはじめの一歩であると、
再確認させてもらいました。

大きなイベントを終え、
活動といても、
プロジェクトとしても、
大きな一歩を踏み出したこともあり、
その疲れが出たのか、
その翌日の夜から熱が出始め、
高熱が3日間も続いていました。
食欲がなくなり、
疲労感が拭えず、
なんとか水分を補給することだけ。
そんな時、
体の節々が痛み始め、
???
ただの疲れであれば、
薬を飲み、
体を休めていれば治るはず。
それなのに、
熱は下がらない、
体の節々は痛くなってくる・・・
もしかして!?
「デング熱」
にかかっているかもしれない!!!

実は同じ時期、
今、
FVJに講師としていらっしゃっている
“三浦先生”
も、
同じ症状に悩まされていました。
その先生からのメールにも
「もしかしたらデング熱なのではないかとの疑い」
やっぱり。。。

初めてデング熱にかかったのは10年前。
その時は、
自分で水分補給することすらできず、
体が衰弱していき、
1週間のうち3回も、
病院に行き、
点滴をしてもらいました。
今回は比較的軽いのか、
なんとか水分補給は出来たし、
体を動かすこともできました。
ただ、
熱が下がらず、
未だ微熱が続いています。
今日はかなり体調が良く、
熱も落ち着いている様子。
7〜10日間。
そろそろ治る頃かな。

あぁ〜
なぜこの乾季にデング熱!!!!!!!!!
一体どこで罹ったんやら・・・
早く治って、
自宅以外でも仕事ができるようにならないと;;;

8月31日(土)、
熱帯寄生虫学、
特に、
シャーガス病を専門に研究している、
「三浦左千夫」先生が、
アラカチ市に来ました。
これから2ヶ月間、
アラカチ市内唯一の大学、
FVJにて、
寄生虫学を教えてくださいます。

今までも、
慶応大学医学部国際医学研究会(IMA)の活動として、
現地での活動に貢献してくださっています。
これからの2ヶ月間、
学生達にとっては貴重な時間となると思います。
私自身も、
可能な限り、
お手伝いできたらと考えています。

三浦先生、
2ヶ月間よろしくお願いいたします!!

この写真は、
大学にて寄生虫学の講師、看護学部長と会談している様子です。↓
MIURA

先日、
慶応大学医学部国際医学研究会(IMA)の皆さんがいらした時、
団長である「黒田先生」が、
小児外科医ということもあり、
アラカチ市内にある大学において、
講演を行ってくださいました。
そこには、
看護学科、社会福祉学科の生徒、
アラカチ市で働く、
医師や看護師たちもいらっしゃいました。
小児科医自体が現在、
アラカチ市には数名しかいない中、
(アラカチ市に在住している方は1名のみと判明)
小児外科医というのは、
とても貴重な存在です。
(というか、小児外科医はアラカチ市にはいないのですが)
1157664_10201915287907217_1527112714_n
まず驚いたことは、
小児外科の歴史自体、
まだ
“50年”
であるということ。

先天性の病気を持って生まれてきた乳児の多くは、
そのまま短い人生を閉じるしかなかった。
そんな時代は、
そんな前のことではないのです。
ブラジルに至っては、
都市部の病院であっても、
救える命はまだまだ限られています。
日本では救える命が、
ここでは息を引き取るのを待つしかない。
そんな状況なのです。

講演の中では更に、

「命を救えても、
その後、
社会に出て働き、
大人になるまで生きていくことができる。
そういう社会システムが必要であり、
そのためにはまず、
小児だけではなく、
それ以降の専門家医との連携が不可欠である」

と強調されていました。

これは実は、
医療に限ったことではなく、
私達の人生は、
乳幼児から、
大人まで。
それを統括的に見て、
考え、
取り組んでいくことが必要であるのではないか。
私自身、そう感じています。
今回の講演を聞き、
自分の考えを改めて認識することができました。
一人ではできないことでも、
みんなで手を取り合い、
叶えられることがある。
そう信じ、
これからも活動に取り組んでいきたいです。

2005年より、
毎年セアラ州アラカチ市において
活動を実施してくださっている、

「慶應義塾大学医学部国際医学研究会(IMA)」

の皆さん。
36期となる今回、
3年目となりますが、
引き続き、
「学童検診」
を、

”Escola Antonio Monteiro(ペドレガウ地区)”

にて行いました。

毎年、
時間が足りず、
残念ながら全校生徒を診察するにいたらないのですが、
今年は、
506名の内、
欠席した生徒以外のすべての生徒を診察することができました。
970675_10201915288227225_242749806_n
3年目ということで、
もっと広く、
この活動を知ってもらいたい。
そして、
この活動が終わったあとも、
フォローアップの活動をアラカチ市教育局と保健局が中心となり、
実施していく。
ということで、

”Mais Saude na Escola”

というプロジェクトを立ち上げました。
1001582_10201915294267376_1308491742_n
みんなの願い通り、
そして、
IMAの皆さんの期待を裏切ぬよう、
一歩、一歩と
確実に子ども達の健康をより良くしていくことができるよう、
コーディネートしていければと思っています。

IMAの皆さん、
本当にありがとうございました!!

293477_349416375141804_1660896608_n

8月26日。
第35次派遣団となる、
慶應義塾大学医学部国際医学研究会の皆さんが、
アラカチ市に到着しました。
私たちとしては5回目となる受け入れです。
今年は昨年に引き続き、
アラカチ市内でも貧しい地区である、
Pedregal(ペドレガウ)地区の小学校児童を対象とした、
学童検診を実施しました。
昨年とは校長先生が変わり、
どうなることかと不安な部分もあったのですが、
学校やアラカチ市政府の全面協力により、
3日間の活動を無事終了することができました。
今回も器具や機器の貸出や、
学生の派遣を積極的に行ってくれた地元の看護大学には、
心より感謝申し上げます。
IMG_0681

また、
ラジオの生放送に挑戦した今回の学童検診の責任者、
北川くん。
地元でもかなりの反響でした。
貴重な体験となったことと思います。

残念ながら医師の回診は最終日のみの実施となったため、
全児童に対して実施することはできなかったものの、
聴覚(耳鼻)の問題を抱えている子どもが多くいたことが判明し、
現地にとっても、
課題を発見することができました。

あっという間の滞在で、
いたらなかったこともあったとは思いますが、
良い思い出、活動をしてもらえたのではないかと思っております。

これからもこうした協力を積極的に行っていきたいと思っていますので、
これからも応援の程、
よろしくお願い致します。

8月上旬に
慶応大学医学部国際医学研究会のみなさんの同行者として来ていた、
サンパウロの歯科医、
Dr. Leoが再びカノアを訪れ、
子ども達に対して
歯科検診を実施してくれました。
IMG_2076

私たちの保育園及び学童教室に通っている子ども達を中心に、
3〜13歳までの43名を診察しました。
今回の歯科検診は、
アラカチ市保健局の協力を受けており、
治療の必要な子ども達は
後日、
地域の保健所において無償で治療を受けることができます。
19名の子どもが要治療と診断され、
内5名は早急な治療が必要とされました。
IMG_2069

保育園の子ども達は保護者同伴だったため、
保護者にとっても、
子ども達の日常的な歯のケアの重要性を
理解してもらえたのではないかと思います。

快く歯科検診を引き受けてくれたDr. Leo、
そして、
その横で絵や折り紙を教えてくださっていたヒダアヤコさん(Dr. Leoのお母様)に
心から感謝申し上げます。

このページのトップヘ