光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

タグ:オンライン講演会

ブラジルに繋がりのある人。
日本ではコアなグループになるのでしょうか。
友人の友人が友人だった...
なんてこともしょっちゅうあります。

今回、
オンラインイベントをすることになった、
「日本ブラジル中央協会」
は、
私が20年以上前にポルトガル語講座に通っていたところ。
会報誌の新刊書紹介ページに、
私の著書が紹介されていたことがきっかけで、
講演をすることになりました。

こうした新しいご縁に感謝しながら、
歩んでいきたいと思います。

今回のオンラインイベントにご興味のある方は、
下記まで↓

皆様、

新型コロナウイルスの影響で、
新しい生活様式を実践中だと思います。
ブラジルでは、
感染者が増加し続けており、
とうとうカノア保育園のある、
エステーヴァン村からも陽性者が出てしまいました。
今現地では、
身近に感じてこなかったものが、
現実のものになったと、
多くの人が不安を口にしています。

さて、
下記のようなお知らせをいただきましたので、
転送させていただきます。

=====(下記転送)=====
現在、「むすびめの会」(図書館と多様な文化・言語的背景をもつ人々をむすぶ会)という団体の企画委員をしています。
同会は図書館の多文化サービスに関心を持つ有志が1991年に立ち上げた研究運動団体で、会員は約200名、図書館関係者や研究者が多く参加しています。
年4回、会報『むすびめ2000』を発行し、講演会などもおこなっています。

今月、下記講演会がオンライン会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使っておこなわれます。
ご興味のある方はどうぞご参加ください。

■オンライン開催 むすびめの会講演会「外国につながる子どもと絵本をむすぶ取り組み」
日時:2020年6月27日(土曜日)14:30〜16:30

ゲストスピーカー:深田元美さん・関本保孝さん
(ピナット〜外国人支援ともだちネット ピナット子ども学習支援教室コーディネーター・学習支援スタッフ)

※ピナット〜外国人支援ともだちネットとは:
フィリピン、ピナツボ火山噴火の被災者支援と交流を目的に、1992年1月から活動を開始。その後、地域の外国人支援や国際理解教育の活動にも取り組む。東京の三鷹・武蔵野をベースに、外国人が親子ともに安心して暮らせるよう、日本語学習支援、生活・子育ての相談ができる場所を提供。(同会ホームページ https://pinatmitaka.wixsite.com/pinat

ビデオ会議アプリ「Zoom(ズーム)」を使って開催します。
事前の申込みが必要です。(〜6/24まで)

受講料:無料(非会員の方も)
申込み詳細は下記ホームページをご覧ください。
https://sites.google.com/site/musubimenokainew/
申込〆切:6月24日

主催:むすびめの会(図書館と多様な文化・言語的背景をもつ人々をむすぶ会)

このページのトップヘ