光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

タグ:ボランティア

fbb8cd91.JPG6月19日(金)。
3ヶ月間行われていた
英会話教室の修了式が行われた。
ボランティアが来るたびに
英会話教室の開校を求められるのだが、
1ヶ月経つころにはほとんど生徒が来なくなり、
なかなか継続したことがなかった。
今回、
教師が良かったのか、
カリキュラムが良かったのか、
修了式までたどり着くことができた。
3ヶ月というのが残念な限りだが、
それでも、
この日が一つの大きな区切りとなったことは間違いない。

社会福祉局の協力を経て
実現した今回のプログラム。
修了証書が間に合わなかったのが残念だが、
後日、
修了者に受け渡す予定だ。

今回の講座を引き受け、
そして実現してくれた
マリーナに心から感謝したい。
ありがとう!!!

a0814a7c.jpg新年明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2007年。
日本事務局が開設し、
“光の子どもたちの会”
と名前を改めての再出発。
地球市民財団からも助成を頂きました。
現地では、
ボランティアの家を改装し、
小さいながらも施設を開校しました。
施設を維持しながらの活動。
教職員の入れ替えも相次ぎ、
数々の問題や課題を
現地の住民達と共に乗り越えながら
何とか年末を迎えることができました。

2008年。
日本での積極的な活動、
支援・協力者の啓発、
会員を目標の100名!!!
目指していきたいと思っています。
現地でも、
施設の維持を含め、
現地での支援者・協力者の啓発、
教職員の育成、
更なる住民との協力を目指していきます!!!


2008年は経済的に
かなり苦しいスタートとなりました。
助成への申請、
積極的な支援・協力への啓発、
その他様々な取り組みを行っていく必要があります。
会員の皆さま、
そうでない皆さまも、
ぜひ“光の子どもたちの会”を
共に支えていってくださいますよう、
心よりお願い申し上げます。

【会員募集】

『光の子どもたちの会』では会員を募集しています。
会員になりますと、年2回の会報及び講演会やイベントなどのお知らせをブラジル事務局よりお送りいたします。
これら会員費は当団体の活動(現地プロジェクトを含む)及び運営費となります。
<年間費>
一般:5000円
協力:一口36000円任意額
※随時寄付やカンパも受け付けております。
※たったの100円でお米1kgを買うことができ、
子ども一人当たりの保育料に毎月3000円が掛かっています。
(活動はすべて無償で行われています)

<郵便振替>
口座番号: 00280−1−41787
加入者名: 光の子どもたちーカノアの活動を支える会
<ブラジル銀行(Banco do Brasil)口座>
Agencia 0121-X
Conta Corrente 26357-5
Associacao Criancas de LUZ

このページのトップヘ