光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

タグ:保育士

日本では、
乳幼児教育を実施している施設において、
大きく分けて3つの法律がある。

幼稚園 = 学校教育法第一条に規定
保育所及び就学前の子どもに関する教育 = 児童福祉法第三十九条第一項に規定
認定こども園 = 保育園等の総合的な提供の推進に関する法律第二条第六項に規定

法律だけでなく、
管轄省庁も、
幼稚園は文部科学省、
保育所及び認定保育園は厚生労働省と、
分かれています。

「乳幼児教育」
という、
就学前の子ども達に関して、
共通した認識を持つためには、
やはり一つの理念として考えなければ、
立場によって異なる…というのでは困ってしまう。
でも、
それが長い間続いていたのが、
日本の幼児教育でした。
しかし今、
「幼児教育」
として共通の理念を持ち、
取り組んでいこう!!
と、
「幼児教育振興法案」
という基本理念を定めたもののを策定しようとしている。

この中で、
「幼児期において、
人は、
その保護者や周囲の大人との愛情あるかかわりの中で守られているという安心感に支えられ、
自発的な遊びを通じて生涯にわたる人格形成の基礎を築いていく。
そのために適切な環境を整え、
子供の心身の調和のとれた発達を促すことが、
幼児教育の重要な役割である。」
と前文に記載されている。

幼児教育は、
人間形成の基盤となる、
重要な時期であると、
それが示された重要な法案。

ブラジルでは、
2013年に教育法の中に、
「幼児教育」
という項目が示された。
ただ、
実践としての現状は、
まだそこには及ばないといわざるを得ない。

この新たな日本の一歩に、
一保育者として、
本当にうれしく思う。

私には、
人生の「師」と仰ぐ人たちが、
何人かいる。
いつも、
ここぞというときに出会い、
話をする中で、
心の迷いや、
もやもやを晴らしてくれる、
一種の「光」を照らしてくれる人たちである。
一番身近なところだと、
私の母親。
ブラジルでも、
いつも連絡を取っているわけではないのに、
ここぞというときに出会い、
助言をくれる人がいる。
そして、
今日であったのは、
“保育士”としての大先輩たち。

保育士としても、
親としても、
人生の先輩としても、
経験豊富な人たち。
そんな人たちと思いのたけを話し合い、
そこからヒントをもらい、
道が開けてゆく…

私は、
本当に周りの人たちに助けられているなぁ〜
と、
心から思う。

今日、
自分でも気づかなかった思いを吐き出し、
“光”
を届けてくれた大先輩。
本当にありがとうございました!!
270516_211744075534985_7762878_n

昨年、
保育者と親のための学び&交流誌
「エデュカーレ」
で、
編集長の「汐見稔幸先生」と、
対談をさせていただきました。

その記事を見て、
コメントをくださった方がいます。
その方が書いていたこと、

「親ができることは、子どもを信じることだけ」

という言葉にハッとさせられた…と。

私自身、
日本の子ども達が気になり、
世界の子どもの様子を知りたいと思うようになりました。
今でこそ、
ブラジルでの活動が主体となっていますが、
やはりいつも、
どこかで伝えたいと思っているのは、
日本の子ども、
子育てをしている人たち、
保育、幼稚園関係者
に対してなのかもしれません。

今回のコメントは、
本当にうれしかった!
そして、
こうしたシンプルなこと、
それが実は、
とても大切だという事実。
ぜひ、
これからも発信していけたらなぁ〜と思います。

親であればなおさら、
私のように保育士であったり、
教員の方も、
常に考えていることかもしれません。

「どんな子どもに育てたい?」

人それぞれ、
異なることはあれど、
誰でもが

『幸せになってほしい』

と、
思っているのではないでしょうか。

読売新聞朝刊(2018年10月16日付)に、
現皇后さまのお言葉が載っていました。
「幸せな子を育てるのではなく、
どんな環境に置かれても
幸せになれる子を育てたい」

目から鱗とは、
こういうときに使う言葉だろうと、
思いました。

私自身も、
こうした思いを胸に、
これからも子どもたちと関わっていきたいと思います。

1949fdb6.JPG私は教職員に、
『一人一人の子どもをじっくり観察する。
それをきちんと行っていきましょう』
といいます。
そして、
私達教師は、
一週間に一人、
ある子どもを観察し、
身体、
動き、
生活リズム、
家庭環境、
家庭の問題、
精神状態、
などなどを
話し合います。
一人の子どもを観察するといっても、
その他の子どもをおざなりにするのではなく、
ある一人の子どもを
いつもより少し気にかける、
観察する、
という姿勢が大切なのです。

子どもは一人一人違う。
その子をその子として、
丸ごと受けとめてあげる。
こういったことが、
私たちには必要であり、
子どもにとっても大切なことなのではないかと思います。

子どもを見守り、
じっくりその子と向き合う。
言葉でいうのは簡単ですが、
実際には難しいと感じることが多いのではないでしょうか。
私も、
料理のとき、
洗濯のとき、
仕事をしているとき、
娘と一緒にいても、
傍で遊んでいるだけで、
我が子と向き合っているのかと聞かれれば
そうではないと答えるしかないでしょう。
では、
子どもとどのくらい向き合ってますか?
と聞かれれば、
一日の内、
ほんの数時間であったりします。

時間だけの問題ではなく、
心のゆとりといった事が原因で
子どもを見守り、
じっくりと向き合うことができないこともあります。

それでもやはり、
一日数分でもいい。
子どもとじっくり遊ぶ、
向き合う、
笑う、
そんな瞬間が重要なのではないかと思うのです。

子どもを見つめる大切さ

これを心に留めて、
明日から子ども達と接してみませんか?

このページのトップヘ