光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

タグ:国際交流

下記のようにイベントが開催されることとなりましたので、
ご案内申し上げます。
お誘いあわせの上、
ご参加頂けると嬉しいです。
お会いできますこと、
楽しみにしております。
尚、
定員がございますので、
ご参加いただける方は早めのご予約をお願いいたします。

【第21回 ブラジル料理教室 / Aula de Comida Brasileira】
日時:10月26日(土)13:30〜16:30
場所 :ライフコミュニティー ライフコミュニティー 西馬込
    1F 調理室
参加費 :大人 ¥3,000
     高校生¥1,500
小中学生¥1,000(乳幼児無料)
持ち物:エプロン、三角巾
講師 :平塚えれなさん
えれなさんブログ
http://saudade-brazil.cocolog-nifty.com/blog/
<メニュー / Cardapio>
・ご飯(Arroz)
・フェジョン(Feijao Tropeiro)
・ブラジル風コロッケ(Coxinha)
・サラダ(Salada)
・コーンケーキ(Bolo de Milho)

おしゃべりをしながら、美味しいブラジル料理を作りましょう♪

お問い合わせ:
光の子どもたちの会(担当:藤本くみ)
canoa.japao@gmail.com

※定員25名
 申し込み締め切りは10月19日としますが、
 満員となり次第、申し込みを締め切らせて頂きます。
チラシ_ブラジル料理教室20191026

2019年7月6日。
「第20回 ブラジル料理教室」
が開催されました。

近頃、
キャンセル待ちが出る程の大人気。
人が人を呼び、
輪が広がっている気がします。

ブラジルに繋がりがある人は、
どこかで自分と繋がっている。
参加者の誰もが、
こんなところで会うなんて!
と、
出逢いを楽しんでいる人も
たくさんいます。

次回は10月。
詳細が決まりましたら、
また告知をします!
参加希望の方はお早めに!20190706_155341
20190706_155156

【第20回 ブラジル料理教室 / Aula de Comida Brasileira】

日時:7月6日(土)13:30〜16:30
場所 :ライフコミュニティー ライフコミュニティー 西馬込
    1F 調理室
参加費 :大人 ¥3,000
     高校生¥1,500
小中学生¥1,000(乳幼児無料)
持ち物:エプロン、三角巾
講師 :平塚えれなさん
えれなさんブログ
http://saudade-brazil.cocolog-nifty.com/blog/

<メニュー / Cardapio>
・ご飯
・フェジョアーダ
・ブロッコリーの葉炒め
・バナナ揚げ
・パッションフルーツムース

楽しくおしゃべりをしながら、美味しいブラジル料理を作りましょう♪

お問い合わせ:
光の子どもたちの会(担当:藤本くみ)
canoa.japao@gmail.com

※定員25名
 申し込み締め切りは6月29日としますが、
 満員となり次第、申し込みを締め切らせて頂きます。
※参加希望の方は下記メールもしくはFacebookへお願いします。
チラシ_ブラジル料理教室20190706

2019年3月30日、
定員一杯の、
満員御礼で、
無事に終了しました!

初めて参加して下さった方もたくさんおり、
皆さん和やかに、
楽しく、
会話も弾んでいたようです。

ひよこ豆の汁を使用した、
チョコレートムースは、
本当に美味しかったです!
次回は7月上旬を予定しています。
ご興味のある方はぜひ、
ご参加下さいませ。
最後に、
いつも素敵なお料理を教えて下さる、
平塚えれな先生、
本当にありがとうございます!1553996788334
20190330_163004
20190330_161041

≪第18回 ブラジル料理教室 / Aula de comida Brasileira≫

日時:2019年3月30日(土) 13:30〜16:30
Data: dia 30 de Marco, sab. as 13:30 - 16:30

場所Local:ライフコミュニティー西馬込
東京都大田区西馬込二丁目20-1
life community Nishi-magome, cozinha (terreo)

交通アクセス:都営浅草線西馬込駅南口徒歩1分
※改札向かいにある虹の壁が目印です!
Estacao de Nishi-magome, saida oeste
Metro de Toei-Asakusa a pe 1minuto
Endereco: 20-1-1,nishi-magome,ota-ku, Tokyo TEL 03-3778-2581

参加費(Valor):¥3000(大人 Adulto)、¥1500(高校生 Estudante EM)、¥1000(小中学生 Estudante EF)
※乳幼児無料(Gratuito para menos de 06 anos)
メニュー:ピカジーニョ(肉の煮込み)、パステル(ブラジル風餃子)、チョコレートムース(ヴィーガン)
Cardapio: Picadinho, Pastel e Musse de Chocolate

持ち物:エプロン、三角巾、マスク
Propriedade: avental,bandana,mascara

講師:平塚えれなさん
Professora: Sra. Helena Hiratsuka
*えれなさんblog:http://saudade-brazil.cocolog-nifty.com/blog/

連絡先:藤本くみ
Contato: Kumi Fujimoto
E-mail canoa.japao@gmail.com
*お問い合わせはメールのみとなります。ご了承ください。

*食物アレルギーのある方は必ず事前にお知らせください。

皆さんにお会いできるのを楽しみにしています☆

光の子どもたちの会スタッフ一同
チラシ_ブラジル料理教室20190330

日本祭を企画し、
実現させて村の青少年グループ。
彼らはお祭りに来てくれた人々皆に
手作りのお守りと、
一つの詩を渡していました。
ポルトガル語ですが、
その詩を下記に書かせていただきます。

"Meu vôo..."

Sinto-me no ar. flutuando,
tal e qual um Beija-Flor...
Sem um destino certo,
procurando uma flor,
uma flor especial.

Em todas as flores que encontro,
eu deixo meu beijo,
deixo meu carinho,
e um pouco de amor também.

Voando, suavemente,
em todas eu deixo saudade...
Porque, sem vaidade,
eu as trato muito bem...

Chego, mansinho, as toco...
Asnbeijo, devagazinho...
Afago-as com minhas asas,
em todas eu faço carinho.

Elas me exalam perfume,
me encantam com sua beleza,
num balanço sensual...
E eu sigo o meu destino,
de Beija-Flor peregrino,
em busca de uma Flor...
Uma Flor Especial !

1ff7142f.JPG3月20日。
“第二回日本祭”がカノアで開催されました。
日本人ボランティアの企画で、
村の青少年グループと協力して
実現されたお祭り。
午前中は折り紙や凧作り教室などを中心とし、
メインは『餅つき』。
午後には発表が行われ、
相撲大会で盛り上がったその勢いで、
子ども達によるヨサコイ・ソーラン節、

好評により2回も踊りました!!!
カポエラ、

村のカポエラグループが行ってくれました。
セアラ州立大学の学生による日本の踊りの発表、
そして、
学童教室の子ども達による、
友情を歌ったアフリカの歌と踊りの発表・・・

午前中は入れ替わり人は来るものの、
余り活気がなく、
“大丈夫か!?”
と、
少し心配するところもありましたが、
午後、
どんどん人が集まり始め、
盛況の内に幕を閉じることができました。

カノアの商店や、
多くの方々の協力と力添えを得て
行われた今回の日本祭。
このお祭りを通じて、
村の人々、
そして、
企画から参加していた青少年グループの心に
何かしら残るものがあった事を祈っています。

クリスマス休暇から現在まで、
そして、
今年はなんと
カーニバル終了となる2月6日まで
(ほとんどは2月10日まで続くようですが)
長い、長い長期休暇が続きます。
そんな中、
日本から短期のボランティアとしてきてくれた
4月より幼稚園教諭となる女性が
“日本文化教室”
を開いてくれています。

1月ということで、
お正月や
冬という季節にちなんだ事を主に、
歌、
福笑い、
料理教室など、
毎日20名を越える参加者を迎えながら
行っています。

本日は
“白玉あんみつ”

私は残念ながら出来上がりを見届けられなかったのですが、
白玉のモチモチさは
子どもによっては受け入れられず、
吐き出してしまう子もいたようです。
それでも、
こういった甘味が日本にあるのだという
日本文化教室ならではのアイデアに、
私は嬉しさを隠せません。

残り一週間の教室。
さて、
どんな展開になるのでしょうか?
好ご期待!!!

このページのトップヘ