光の子どもたち in Canoa

ブラジル東北部にある小さな漁村から発信する報告日記。大自然を今に残す“カノア”における奮闘の日々をお伝えします。 『本当の豊かさってなんだろう?』キラキラ輝く子ども達の目に惹かれてやってきたこの村。『子どもが子どもらしく子ども時代を幸せに生きるためには?』という疑問を探す旅は今も続く・・・

タグ:漁師

365f0aca.jpg日本から戻り、
カノアに到着して感じたこと。
それは、
漁師たちが生き生きしているということ。
なぜかというと…
西洋伊勢海老漁の解禁日が近づいていたからです。
仕掛けを作り、
今年の波、
海の様子、
海底の様子などを話し合い・・・
村のどこを歩いても、
漁師が立ち話している姿を見かけるほどです。

西洋伊勢海老漁を行わない
青少年や
副職で漁を行っている人は
エビ漁の最盛期。
先日も、
12kgも獲れたと言っていました。
我が家にも、
日曜日、
食卓にエビが並びました。(笑)

村の男たちが活気ずくと、
村中が元気になります。
さて、
本日6月1日は
漁解禁初日。
明日、
イセエビを収穫して村に帰ることができるのでしょうか?
お楽しみです♪

78d87386.jpg私がこの村で活動するようになり、
遠く日本から私に対して
住民の皆さんは
とても温かく迎えてくれました。
それでも、
いつまでも私はよそ者。
だからこそ、
この村の人々と同じ生活を心がけ、
住民になろうと努力していました。
しかし、
やはり日によってはそれが難しく、
この村の一員として、
活動をしていくことは無理なんだと、
涙を流した夜もありました。

そんな中、
はじめて私に

「真由美はもう私たちの家族だ!!」

と、
みんなの前で言ってくれた人がいます。
この村を守るために戦い、
いつでも、
どんなときでも
力を貸してくれた人。
そして、
その笑顔、
断固とした意志の強さは
私に勇気を与えてくれました。

Sr.Celso.
9月9日、
息を引き取りました。
先週病院にお見舞いに行った時には
JANGADA(漁船)のことばかり心配していたSr. Celso.
残念ながら、
もう二度と船に乗ることはできなくなってしまいました。

今もどこかから、
みんなを見守っていてくれるに違いありません。

心よりご冥福をお祈り申し上げます。

4d664586.jpg9月7日。
ブラジルの独立記念日であるこの日、
エステーヴァン村では
漁師主催の、
漁師のための
漁船レース、
“REGATA”
が開催されました。

いつものようにこの日を迎える約一ヶ月。
漁師の皆さんは
漁そっちのけで、
漁船の修理に精を出していました。

一年に一度の大イベント。

大いなる熱気の中、
スタートです!!!

光の子どもたちの会のロゴマークをつけた
わが娘の船。
5年連続優勝という実績もあり、
今年はどうなるかと、
注目の的です。

そして・・・

結果はなんと、
またもや
優勝!!!!!!!!

この力、
子ども達からももらっているのではないかと、
うれしさ100倍です。

皆さん応援、
ありがとうございました!!!

追伸:
この日、海岸では日本人ボランティアがたこ焼きを売っていました。
これが結構、
売れてたみたいです。。。

b88bc202.JPG現在、
カノアの猟師さんたちは
自分達の伝統的な漁の技術を
次世代に伝えるため、
政府とともに
プロジェクトを行っています。

環境問題がとり立たされる中、
風の力だけで走る
“ジャンガーダ”。

これはかなり
『エコ』
といえるのではないでしょうか?

このままでは漁師が村に一人もいなくなってしまう。

そんな危機感が、
漁師さんたち自身を動かしたそうです。

漁師とは厳しい職業。
私の夫は
幼い頃から「漁師だけにはなるな」といわれて育ったといいます。
これも親心。
でも、
漁師のいない漁村にはなってほしくない。

これは私のエゴでしょうか?

5141d98c.JPGカノアの漁師さんは
現在イセエビ漁が解禁されたために
毎日仕掛けの修理と
漁にと
忙しい日々を送っています。

6月1日より解禁となったイセエビ漁。
一ヶ月以上がたった今、
すでに既定外のイセエビの収穫が横行しているために
仕掛けで漁をしている地元の漁師達は
収穫量の激減に
苦しんでいます。

そんな中、
今年は大雨による影響で
川から大量に流れてくる
水と一緒に海に流れ込んでくる
“海老”漁が
盛んに行われています。

イセエビだけでは利益が上がらず、
エビ漁を積極的に行う漁師も出てきました。
しかし、
エビ漁では
イセエビほどの収益を上げることは出来ません。

漁師として家計を支えている人々。
小さな漁村であるエステーヴァン村において
大きな局面を迎えていることは
言うまでもありません。
今後も漁師として
生活をしていくために
どうしていくべきなのか。
答えのない問いに苦しんでいる漁師たちなのです。

fa7b6ea7.JPG9月9日(日)。
カノアの漁師さんにとっては、
待ちに待った一大イベント、
“Regata do Estevao”
が開催された。

漁師さんが主催で行われているこのヨットレースは、
漁に使う帆船でレースをする。
自身の船を使ってのレースなだけに、
皆すごい気合の入れようだ。

3ヶ月くらい前から船の調整。
それから当日までは
漁をしていても、
その走り具合を調べるほど。
レースは、
速くなくてはいけない!!!
なので、
船の修理にも余念がありません。
また、
レースの参加者には新しい帆が進呈され、
それだけでも漁師さんには嬉しい限り。
(5位入賞までは賞金が、
参加者全員には食料が贈られる)

当日。
37の船が、
2つのカテゴリーに分かれてレースを行った。

4年連続優勝している我が娘の船。
さて今年は!?
期待を胸に観戦。
なんと、

今年も優勝でした!!!!!!!!!!!!

今まで賑わい、
慌しかった漁師さんたちが、
少しずつ落ち着きを見せている今日この頃。

漁師さん主役のフェスタが
今年も無事に終わりました。
皆さん、
お疲れ様でした!!!!!!!!!!!!!!

このページのトップヘ